保育の人材不足・待機児童の解消に向けて 学研アカデミー保育士養成コース 2年目の入学式開催

株式会社学研ホールディングス(本社:東京都品川区/代表取締役社長:宮原博昭)において高齢者福祉・子育て支援事業を担う学研ココファングループの株式会社学研ココファンスタッフ(本社:東京都品川区/代表取締役社長:小早川仁)は、介護士・保育士不足の課題解決に通じる人材養成事業「学研アカデミー」を2018年に開始し、このたび「学研アカデミー保育士養成コース」の2回生を対象とした入学式を2019年4月5日に開催しました。

 
  • 学生の7割が子育て中・就業中。10~50代、新たな層が保育士へ。
学研アカデミー保育士養成コース(以下、「学研アカデミー」)は、働きながら・子育てしながら通える短時間のカリキュラムで、卒業すれば資格取得が可能な東京都指定の保育士養成施設です。また、学研グループでは認可・認証保育園、子ども園を首都圏で43園運営しておりこれらの園との連携や、学研グループが出版する保育書籍等の活用によって高品質で実践的な授業を展開しています。
 
学研アカデミーが現在働いている方や子育て中の方を対象にすることで、新たな層の保育士が生まれようとしています。
新年度入学生49名のうち10代が10名、20~30代が19名、40~50代が20名。また、専業主婦が16名(33%)で、就業中が31名(63%)で、専業主婦のうち小学生以下の子どもを持つ人も含めると、36名(73%)が働きながら・子育てしながらの入学となりました。新入生からは「子育てが一段落し、再就職をするために」「無資格で保育園で働いており資格を取ってキャリアアップしたい」といった声が聞かれました。
 
この様に学研アカデミーは、単に保育職に就くと言うだけでなく、キャリアアップや安定就労、専業主婦の再就職と言ったニーズに応える就労支援を行っています。また、保育士資格取得が若年層中心だったのに対し、主婦層や社会人などに裾野を広げることで、保育の人材不足と言う業界の課題解決に繋げたい考えです。今後も学研ココファングループは社会課題でもある待機児童問題の解決に取り組んでまいります。
 
  • 学研アカデミー保育士養成コースの特長
◎1日3時間(昼間or夜間主)×週4日(火~金)×2年間、卒業すれば資格取得可能。

◎ 経済的な学費(2年間の授業料180万円)で負担が少なく、通いやすい環境。 ひとり親家庭・非正規雇用労働者にも、正社員・安定就労の機会を創出。

◎ 教育と福祉の学研だからこその、質の高い「学び」。
⇒現場に密接した実践的なカリキュラム/実績の教育コンテンツ/経験豊かな教員/就労先も紹介可能。

◆学研アカデミー保育士養成コース
運営:㈱学研ココファンスタッフ
所在地:東京都大田区蒲田5-40-16/URL:https://gakken-wel-academy.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 保育の人材不足・待機児童の解消に向けて 学研アカデミー保育士養成コース 2年目の入学式開催