海のためにできること。フェリシモ「海とかもめ部™」が2020年事業年度の基金活動実績を発表

「海と仲よくしながら、海をきれいにする」ことを目指して基金を活用した活動を実施しています

フェリシモは、ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにすること、自然・社会・人としあわせになること。それらの経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“事業性”“独創性”“社会性”の3つが交わる領域での事業活動を行っています。フェリシモが展開する「海とかもめ部™」は、7月22日の「海の日」を前に、7月16日に「海とかもめ部™」サイトを更新し、2020年度の活動実績を発表しています。活動の中心となる「海基金」では、2020年7月〜2021年6月までの1年間で間で1,631,250円、累計で11,357,296円が集まっています。2020年度には、この基金で支援団体を通じ「サンゴ礁の保全活動の支援」「海の清掃活動の支援」「サンゴの再生活動の支援」の活動を行い、そのレポートをサイト内で紹介しています。「海とかもめ部™」の商品は「海基金」付きで、販売価格の一部に海を保護する団体へ拠出される基金が含まれています。商品を購入することで気軽に活動に参加できることが特徴です。

「きれいな海と両思いになること」を目指し、生活者のみなさまと一緒にこれからも活動を続けていきます。


◆「海とかもめ部™」2020年事業年度の基金活動実績
・基金について

「海基金」
2020年事業年度に集まった基金:1,631,250円(2020年7月〜2021年6月までの1年間)
活動開始からの累計:11,357,296円(2010年7月からの「沖縄サンゴ基金」の金額を含む)
・基金を用いた活動について
「サンゴ礁の保全活動の支援」、「海の清掃活動の支援」、「サンゴの再生活動の支援」事業を実施(詳細は以下)

◆2020年の「活動報告レポート」

「海の清掃活動への支援」(特定非営利活動法人海さくら)
・江ノ島海岸において清掃活動(海さくらゴミ拾い/ZOOMゴミ拾い)を実施しました。
・海底に森(海藻アマモ場)を創るプロジェクトを実施しました。

左:第168回海さくらゴミ拾い 右:海底に森(アマモ場)を創るプロジェクト左:第168回海さくらゴミ拾い 右:海底に森(アマモ場)を創るプロジェクト

・詳しいレポートはこちら>> https://feli.jp/s/pr2107163/2/


「サンゴ礁の保全活動への支援」(特定非営利活動法人美ら海振興会)
・沖縄の離島での陸上清掃、サンゴに絡まる釣り糸やごみを回収する水中清掃、サンゴを捕食するオニヒトデ等の水中駆除、サンゴの植え付け等を行いました。
・沖縄の海やサンゴについて、オンライン会議ツールを利用した講演を実施しました。

(水中駆除活動の様子)(水中駆除活動の様子)

・詳しいレポートはこちら>> https://feli.jp/s/pr2107163/1/


「サンゴの再生活動への支援」(特定非営利活動法人アクアプラネット)
・石垣島で専用のサンゴ畑をつくり、定期的にメンテナンスを行いながら、サンゴを育成しています。

・詳しいレポートはこちら>> https://feli.jp/s/pr2107163/3/


◆「海基金」付き商品の一例

海とかもめ部 洗濯ネットにもなる 海のメッシュバッグの会
月1個 ¥2,300(+10% ¥2,525)
→うち50円は「海基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr2107163/4/


海の世界が広がる 着るバスタオルの会
月1枚 ¥3,400(+10% ¥3,735)
→うち50円は「海基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr2107163/5/


◆海とかもめ部™
海好き・魚好きが集まって生まれた部活動。「海を楽しみながら、きれいにする」ことを目標に、商品企画やビーチクリーン、サイト運営などさまざまな活動を行っています。ウェブサイトには、商品販売のほか、水中写真家 鍵井さんによるフォトブログやお子さんと一緒に歌って楽しく魚を覚えられる動画の配信、海の生き物4コマ漫画の連載など海好き・魚好きのみなさまに楽しんでいただけるさまざまなコンテンツがあります。
・ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr2107163/6/
・Instagram (@umitokamomebu) >> https://www.instagram.com/umitokamomebu/
・Twitter (@umitokamomebu) >> https://twitter.com/umitokamomebu/
・Facebook (@umitokamomebu) >>https://www.facebook.com/umitokamomebu/

海をきれいにする活動「海基金」について
沖縄の美しい海を支える珊瑚礁を守るために、フェリシモは2010年に「海基金(旧沖縄サンゴ基金)」を開始。2018年4月からは「未来のたからもの サンゴの森基金」と一緒になり、活動を広げています。集まった基金は、サンゴ礁の再生に取り組むNPO主催によるサンゴの植え付けや、ビーチクリーン活動、海洋環境学習に活用されています。
>> https://feli.jp/s/pr2107163/7/


◆お電話でのご注文・お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき11円(税込み)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO[フェリシモ]」~
ファッションや雑貨など自社企画商品を中心に、カタログやウェブなどの独自メディアで生活者に販売するダイレクトマーケティングの会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにすること、自然・社会・人としあわせになること。それらの経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“事業性”“独創性”“社会性”の3つが交わる領域での事業活動を行っています。
― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0041 神戸市中央区新港町7番1号
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
証券コード : 東証1部3396
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr210620/1/
◆Instagram>> https://www.instagram.com/felissimo_official/
◆Twitter>> https://twitter.com/FELISSIMO_SANTA
◆Facebook>> https://www.facebook.com/felissimosanta/
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr210620/2/
◆フェリシモの社会活動>> https://feli.jp/s/pr210620/3/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr210620/4/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェリシモ >
  3. 海のためにできること。フェリシモ「海とかもめ部™」が2020年事業年度の基金活動実績を発表