六甲ケーブル 沿線に連なるあじさい 6月から7月にかけて2,000株が順次見頃を迎えます

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が運営する六甲ケーブルでは、六甲ケーブル下駅から六甲ケーブル六甲山上駅の沿線に咲くあじさいが、まもなく見頃を迎えます。


沿線のあじさいについて

 

 街と比べて標高が高い分、気温が低く、開花時期は6月中旬から7月中旬になります。下駅のあじさいから順に咲き始め、山上駅周辺のあじさいは6月末~7月初めに開花し始めます。セイヨウアジサイをはじめ、コアジサイ、ヒメアジサイ、ヤマアジサイなど、計2,000株以上のあじさいが、下駅(標高244m)から山上駅(標高737m)の間に連なっています。


六甲山ポータルサイト https://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/f7283ffbbed468c73ecb56ff689d12a1c430abb1.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪神電気鉄道株式会社 >
  3. 六甲ケーブル 沿線に連なるあじさい 6月から7月にかけて2,000株が順次見頃を迎えます