リポソーマルドキソルビシン市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「リポソーマルドキソルビシンの世界市場 (2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・成長機会」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月22日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037228-liposomal-doxorubicin-market-global-industry.html


市場の概要
リポソーマルドキソルビシンの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

リポソーマルドキソルビシンは、様々な自己免疫疾患や、肝臓、乳房、子宮内膜、胃、腎臓などのがんの治療に用いられる化学療法剤です。この薬は、体内のがん細胞の成長を止めたり、遅らせたりすることで機能します。この薬は、ペジル化されたリポソームという脂肪質の被膜に包まれており、注射によって静脈内に投与されます。ドキソルビシンは、がん細胞が分裂して成長するために必要な酵素を阻害し、リポソームによって薬剤が血液中に長く留まり、がん細胞に到達して効果を発揮することができます。薬剤の投与量は、患者の体重、身長、一般的な健康状態によって異なります。リポソーマルドキソルビシンは、従来から使用されている薬剤と比較して、毒性、骨髄抑制、脱毛症、吐き気などが少ないのが特徴です。

市場の動向
骨肉腫、多発性骨髄腫、卵巣がん、自己免疫不全症候群(AIDS)関連のカポジ肉腫などの慢性疾患が世界的に増加していることが、市場成長の主な要因の一つです。これは、労働人口の大半が座りっぱなしのライフスタイルや多忙なスケジュールで生活していることが原因で、これらの疾患の発生が著しく増加しており、リポソーマルドキソルビシン医薬品の需要にプラスの影響を与えています。また、がんの治療法に関する人々の意識が高まっていることも、この市場の成長を後押ししています。さらに、ナノドラッグや化学療法剤の改良など、さまざまな技術革新も市場拡大の要因となっています。これらの技術革新は、体内での薬剤の部位特異的な送達と制御された放出を促進します。その他の要因としては、特に発展途上国における医療インフラの大幅な改善や、腫瘍学の分野における広範な研究開発活動などが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分
リポソーマルドキソルビシンの世界市場は、製品、用途、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分
・Doxil/Caelyx
・Lipodox
・Myocet
・その他

用途別の市場区分
・白血病
・骨肉腫
・乳がん
・子宮内膜がん
・腎臓がん
・多発性骨髄腫
・カポジ肉腫
・その他

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況
リポソーマルドキソルビシンの世界市場における主要な企業としては、Baxter International Inc.、Cipla Inc.、Johnson & Johnson、Merck KGaA、Pfizer Inc.、Sun Pharmaceutical Industries Ltd.、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、TTY Biopharm Company Limited、Zydus Cadilaなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037228-liposomal-doxorubicin-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. リポソーマルドキソルビシン市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み