超音波診断装置市場は2028年までに12,535.5百万ドルに達すると予測される

2021年7月16日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、超音波機器の世界市場規模は、2020年に84億7580万ドルとなり、2021年から2028年にかけて5.3%のCAGRを記録しています。
レポートオーシャンが発行した最新レポートによると、「超音波デバイス市場:製品タイプ別、デバイスディスプレイ別、デバイスポータビリティ別、アプリケーション別。グローバルな機会分析と業界予測、2021-2028年" としています。


レポート購入前に無料サンプルページをご請求ください。https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1802

超音波デバイスの世界市場規模は、2020年に84億7580万ドル、2021年から2028年にかけて5.3%のCAGRを記録し、2028年には125億3550万ドルに達すると予測されています。

市場の概要

超音波は、市場に存在する様々な医療用画像診断モダリティの一つです。超音波診断装置は、高周波の音波を用いて体内の臓器を可視化します。超音波診断装置にはプローブが装備されており、このプローブが高周波の超音波を患者の体内に送信します。これらの音波は、体内の器官によってプローブに反射されます。これらの送信された波は、エコーの助けを借りて画像を生成する表示装置に送られます。超音波診断装置は、肝臓、腎臓、血管、心臓、人間の胎児、その他の臓器の視覚化に使用されます。

トップ・インパクト・ファクター

COVID-19のパンデミックは、ロックダウンにより患者の流れや製造プロセスが低下したため、超音波診断装置市場にとっては緩やかな成長にとどまると予想されます。しかし、2020年には携帯型超音波の需要が大幅に増加し、この技術がCOVID患者の最前線の診断ツールとなります。手頃な価格で目的に合った携帯型超音波が利用できるようになったことで、病院はより多くの患者に対応できるようになりました。さらに、画像診断はCOVID-19患者の管理に欠かせない要素となっています。手持ちの超音波などのポイントオブケア超音波(POCUS)は、COVID-19患者の画像診断プロセスを簡素化し、医療部門の負担を軽減する可能性のあるツールとして、COVID-19時代に登場しました。超音波診断装置市場の成長は、超音波診断装置の急速な技術進歩(3D&4Dイメージング、ドップラーイメージングなど)の上昇が主な要因となっています。さらに、慢性疾患(心臓病、脳卒中、2型糖尿病、がんなど)の有病率および発生率の増加、出生率の上昇、超音波画像診断の件数の増加、低侵襲治療への需要、疾患の早期診断に対する意識の高まりなどが市場の成長を補っています。しかし、超音波画像診断には、感度の限界などいくつかの制限があります。超音波の主な欠点は、肥満によって臓器の適切なスキャンが制限されることであり、今後の超音波装置市場の成長を妨げる要因となっています。

市場セグメントの概要

超音波診断装置市場は、製品タイプ、装置の表示、装置の携帯性、アプリケーション、地域に基づいて区分されます。

 

デバイスの表示タイプ別 製品タイプ別 
  • カラー超音波診断装置
  • モノクロ超音波診断装置
  • 診断用超音波装置
    • 2Dイメージングシステム
    • 3D&4Dイメージングシステム
    • ドップラーイメージング
  • 治療用超音波診断装置
    • 高密度焦点式超音波(HIFU)
    • 体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)

詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。

アプリケーション別  デバイスポータビリティーによる
  • 放射線科/一般画像診断
  • 産科/婦人科
  • 心臓病学
  • 泌尿器科
  • 血管
  • その他 
  • トロリー/カート型超音波診断装置
  • 小型・ハンディタイプ超音波診断装置


これらのうち、最も収益に貢献したのは、放射線科/一般画像診断分野でした。これは、腹部検査の件数が増加し、腹部疾患の診断に超音波診断装置の導入が進んでいることによります。

地域のカバー率

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカを対象としています。


北米は2020年に最大の市場シェアを占め、2020年から2028年にかけてもその優位性を維持すると予想されています。これは、同地域における研究開発への高い支出、大手企業の存在とその製品の入手可能性、確立された医療インフラなどによるものです。しかし、アジア諸国の政府が医療インフラの整備に投資していることから、予測期間中はアジア太平洋地域が最も高いCAGRを記録すると予想されています。

競合分析。

競合分析:超音波診断装置市場で活躍する主要企業は、コニカミノルタ株式会社、Esaote SpA、富士フイルム株式会社、ゼネラル・エレクトリック・カンパニー、株式会社日立製作所、Koninklijke Philips N.V.、Mindray Medical International Limited、Samsung Medison Co. Ltd.、シーメンスヘルスケア、株式会社東芝。

本調査の主な結果

  • 製品タイプ別に見ると、2020年の世界の超音波診断装置市場では、診断用超音波システムが最大のシェアを占めています。
  • アプリケーション別では、予測期間中に無線/一般撮影セグメントが最も高いCAGRで成長すると予想されています。
  • 機器の携帯性では、2020年にトロリー/カートベースの超音波機器セグメントが最大の市場シェアを占め、予測期間中もその優位性を維持すると予想されます。
  • 2020年の同市場では、米国が最も高い収益を上げました。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1802

私たちについて:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. 超音波診断装置市場は2028年までに12,535.5百万ドルに達すると予測される