新しい働き方で、地方の優秀な人材を積極採用「地方創生テレワーク推進運動Action 宣言」に賛同 ~地域内プロデューサーの制作連携で地方創生~

株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)は、内閣府・内閣官房が推進する「地方創生テレワーク推進運動」の趣旨に賛同し、推進運動に参加する「Action 宣言」を行いました。ICT(情報通信技術)を活用した、時間や場所を有効活用する柔軟な働き方「テレワーク」で、地方の優秀な人材の採用や育成、新規ビジネスの創造など、多様な形で地方の活性化に貢献いたします。 

▼株式会社クリーク・アンド・リバー社 地方創生テレワーク推進運動Action宣言書
https://www.chisou.go.jp/chitele/wp/wp-content/uploads/2021/11/0106_2021_sengen.pdf

C&R社のAction 宣言は、【1】採用の優位性の確保・社員の離職防止【2】地方人材の採用・育成【3】地域プロジェクトへの参加を取り組み項目として推進するものです。 

これまで当社は、各地の制作リソース(資源)を把握する「地域内プロデューサー*」を配置し、Webや動画制作、データ分析業務などにおいて、地域同士をつなぐ「地域連携クリエイティブ」で地方創生を図ってまいりました。本サービスは、「首都圏から地域」だけでなく、「地域から地域」「地域内」の制作を促進し、地域の制作力向上と新たな収益化を目指しております。
 
  • 地方創生テレワーク推進運動 Action 宣言について
株式会社クリーク・アンド・リバー社 地方創生テレワーク推進運動Action宣言書
https://www.chisou.go.jp/chitele/wp/wp-content/uploads/2021/11/0106_2021_sengen.pdf


■取り組み項目
【1】採用の優位性の確保・社員の離職防止
【2】地方人材の採用・育成
【3】地域プロジェクトへの参加

■取り組み内容
C&R社は、地方創生テレワークの実施を通じて、幅広い採用機会の創出および採用優位性の確保に取り組みます。
具体的には、東京および首都圏に移住することなく、本社業務に携わりながらの「地域から首都圏」はもちろん、「地域から地域」、「地域内」など、業務を通じて地方創生をはかり、ワークライフバランスが充実できる働き方を提案しております。
現在は札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡のエリアを中心に連携活動をおこなっていますが、将来的には、当社グループの国内17拠点を活かし、全国的な活動に広げていく予定です。
当社は柔軟で豊かな働き方が実現可能な企業として、働き手に選ばれる企業をめざしてまいります。

■内閣府・内閣官房「地方創生テレワーク」推進事業とは
テレワークを通じて、都市部から地方への人の流れを加速させるとともに、地方の人口の流出防止、地方での雇用、新規ビジネスの創出など、多様な形で地方の活性化に貢献すること 。「地方創生テレワーク」について企業・団体などからその趣旨に賛同を得て官民一体で推進する「地方創生テレワーク推進運動」を展開。( https://www.chisou.go.jp/chitele/index.html )

▼「地方創生テレワーク推進運動Action 宣言」内閣府 HP
https://www.chisou.go.jp/chitele/sengen/index.html

▼宣言内容
https://www.chisou.go.jp/chitele/sengen/company/130.html


「地方創生テレワーク推進」の取り組みを基幹業務の拡大並びに安定的・継続的な推進に活かすとともに、引き続き、従業員のWORKとLIFEの多様性を支援し、従業員ひとり一人の能力が最大限発揮できるような環境を整えてまいります。

*地域内プロデューサー:C&R社が定義する職種で、制作やデータ分析等のクリエイティブ関連業務への理解とビジネス感覚に優れ、地域と地域を結びつけられる実務経験豊富なプロデューサーのこと。

===========================

C&R社は、国内や国家間の格差を無くすサスティナブルな取り組みとして、クリエイターの能力を分野や領域、国境を超えて最大限に発揮させるプロジェクトを積極的に進めております。国外では、 2010年、海外に向けた版権エージェンシーを開始している他、海外向けYouTubeチャンネルの制作・運営を行っております。国内では、低遅延VRリアルタイム配信技術を活用した「VR遠隔診断システム」の開発や、福島県の伝統神事「相馬野馬追」のライブ配信プロデュース、福島イノベ地域での起業や事業化等をサポートする「ビジネスアイデア事業化プログラム」等、プロフェッショナルの能力で地域やグローカルの課題を解決する事業を推進しております。

また、在宅勤務に特化した「リモートクリエイティブ」( https://cr-remote-creative.jp/ )サービス等、コロナ禍であっても全国から全国の就業を可能とする環境の整備に努めております。

C&R社およびC&Rグループ19社の事業分野は現在、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、コンピュータサイエンス、食、舞台芸術、ライフサイエンス、アスリート、アグリの18分野にまで拡大し、ネットワークするプロフェッショナルは32万人、クライアントは4万社にまで成長しております。「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と 「クライアントの価値創造への貢献」をミッションとして、プロフェッショナル分野の拡大、そして、その叡智をかけ合わせ、事業クリエイティブカンパニーとして人々の幸せに貢献してまいります。

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
本 社 : 東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
設 立 : 1990年3月
代 表 者 : 代表取締役社長 井川幸広
拠 点 : 東京(本社)・大阪・札幌・仙台・福島・大宮・横浜・船橋・高崎・金沢・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇 /ソウル・上海・北京・ロサンゼルス
事業内容 : 映像・ゲーム・Webなどのクリエイターから、医療・建築・ITに特化したエージェント、プロデュース、ライツマネジメント事業を行う。同事業をコンピューターサイエンス・会計・法曹・ファッション・食・ライフサイエンス・舞台芸術・アスリート・アグリの18分野に拡大し、32万人のプロフェッショナルと4万社超のクライアントを無限に組み合わせ、国内17・海外4拠点で展開。VRやデータ分析、プロフェッショナル専門の採用サイトや世界中の弁護士を結ぶSNSサービス、ドローンなどにも周辺事業を拡大し、プロフェッショナルの叡智で革新的な事業を無限に創造しています。
U R L  : https://www.cri.co.jp (コーポレートサイト)
https://cr-remote-creative.jp/ (リモートクリエイティブ)
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クリーク・アンド・リバー社 >
  3. 新しい働き方で、地方の優秀な人材を積極採用「地方創生テレワーク推進運動Action 宣言」に賛同 ~地域内プロデューサーの制作連携で地方創生~