セントチヒロ・チッチ(BiSH)による愛猫エッセイ。本人自宅で川島小鳥がプライベートな表情を切り取る

撮影:川島小鳥撮影:川島小鳥

2023年をもって解散を発表している”楽器を持たないパンクバンド” BiSHのメンバーとして活動中のセントチヒロ・チッチ。2匹の愛猫との暮らしを綴る初のフォトエッセイを制作中の彼女ですが、その撮影を、写真家の川島小鳥が担当することを発表しました。

銀杏BOYZ等のジャケット写真でも知られる川島小鳥と、セントチヒロ・チッチは以前から面識はあったものの、撮影を担当するのは初めてのこと。以前から川島の作品のファンであったという彼女にとっては、念願のコラボとなっています。撮影は、2匹の愛猫と彼女が実際に暮らす部屋で行われ、プライベートなシチュエーションならではの自然体な姿が切り取られています。

フォトエッセイにはそれら写真に添えて、二匹の愛猫との出会いから暮らし、自粛下での生活、BiSH解散発表後の日々などが、二匹の相棒たちとの生活とともに語られています。また、彼女がハクと坊が生まれた徳島を訪れた際の模様や、ファンから募ったQ&Aへの回答も収録される予定です。
あわせて発売日、特典内容等も正式に発表。予約も各チャネルで随時受付を開始しています。

<セントチヒロ・チッチ>
”楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバー。音楽はもちろん、ファッション、アート、カメラ、カレーと多趣味。ファッションブランドとのコラボレーションアパレルの発売、フジテレビNEXTにて「スパイストラベラー」の番組MCを務めるなど、多方面で活躍している。

BiSH▶“楽器を持たないパンクバンド“をテーマに、2015年3月に結成。2016年5月、avex traxよりメジャーデビュー。以降、「オーケストラ」「プロミスザスター」などの楽曲がスマッシュヒットを記録し、横浜アリーナや幕張メッセ展示場等でワンマンを開催。ロックフェスにも多数出演。2021年末には念願の初の紅白歌合戦出場を果たした。2023年をもって解散することを発表しており、2022年は12ヶ月連続リリースや、各地でのライブ、BiSH主催フェスの開催が予定されている。

<川島小鳥 プロフィール>
写真家。1980年生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、沼田元氣氏に師事。写真集に『BABY BABY』(2007)、『未来ちゃん』(2011)、『明星』(2014)、谷川俊太郎との共著『おやすみ神たち』(2014)、『ファーストアルバム』(2016)、台南ガイドブック『愛の台南』(2017)。第42回講談社出版文化賞写真賞、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞。銀杏BOYZやSHISHAMOのジャケット写真などでも知られる。

 

フォトエッセイ「チッチと猫のハクと坊」
発売日:2022年6月14日  価格:1760円(税込)  発売:ぴあ
Contents:ハク坊のいろは/成長日記/教えてハクと坊Q&A/ハクと坊の故郷へ行く/漫画・セントチヒロのねこびより(ザ・花実)
※仕様、内容は変更になる可能性があります。

●特典情報
・TOWER RECORDS(詳細は各店舗にお問い合わせください)… …ハク坊ミニミニトート
https://tower.jp/item/5443339
・楽天ブックス… …ポストカード
https://books.rakuten.co.jp/rb/17162479/

※予約特典には数に限りがあります。無くなり次第受付終了となります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ぴあ株式会社 >
  3. セントチヒロ・チッチ(BiSH)による愛猫エッセイ。本人自宅で川島小鳥がプライベートな表情を切り取る