【LINEリサーチ】神奈川と東京では約8割が「ひざ上派」、九州や関西では「ひざ下派」が多数 制服に合わせる靴下丈は全国的に「クルー丈」が人気

LINEリサーチ、女子高生の制服スカート丈に関する調査を実施

LINE株式会社では、同社が保有する約516万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。
このたびLINEリサーチでは、高校1年生~3年生の女性を対象に、制服スカート丈に関する調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせします。

※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます:http://research-platform.line.me/archives/35268375.html
■制服は85%と圧倒的。中には私服が多い県も!


女子高生を対象に、「学校にどんな服装で行っているか」について調べてみました。すると85%以上の人から「制服がある」という回答が寄せられ、大多数の女子高生が制服で通学していることがわかりました。
しかし全体の1割程度の学校には決まった制服がなく「私服OK」という実態も判明。

そこで制服 or 私服の割合を都道府県別に調査してみました。

すると、なんと長野県だけは、制服率47.8%に対して私服率52.2%と、私服の学校が制服のある学校を上回る結果に。ほかにも他県に比べて私服率が高かったのは宮城県の32.6%、大阪府の23.9%などがありました。

■制服のスカート丈。西日本はひざ下派?首都圏は断然ひざ上派

 


ではスカート丈をみていきましょう。通っている高校が制服であると答えた女子高生に「制服のスカート丈は、どのくらいですか?」と聞いてみました。

「ひざ上派」は神奈川、東京では75%以上が占めています。千葉県、岡山県、島根県も半数以上がひざ上派という結果でした。
同じ関東地方でも茨城はスカート丈の短さがやや控えめな印象で「ひざの真ん中あたり」という回答が多かったです。

「ひざ下派」には西日本の各地が多数。中でも九州では長崎、佐賀などで「ひざ下派」が7割前後もいるという結果になりました。和歌山、大阪、兵庫などの関西圏でも半数以上が「ひざ下派」だと回答しています。

愛知や京都、熊本などは、制服のスカート丈で「短め」を好む人も一定数いるし「長め」を好む人も結構いるという「いろいろ派」となりました。

通っている学校の校則や私立か公立かなど、それぞれの環境によってもスカート丈の長さが異なるのかもしれません。

■制服に合わせる靴下は、全国的にクルー丈が人気


制服に合わせる靴下のスタイルについても聞いてみました。
全国的に定番だったのは「クルー丈」。スカート丈が長くても短くても、さまざまな長さのスカートに合わせやすいのが特徴です。「ハイソックス」は北海道・山梨県では大人気ですね。ほとんどのJKがハイソックス、といってもいいくらいです。

■エリア別JKの制服スタイルはこんな感じ!
今回アンケートで聞いた、「制服のスカート丈」「制服に合わせる靴下の種類」「靴下の色」の結果をまとめると、以下のような傾向になりました。
スカートや靴下の組み合わせは、地域によって違いがありますね。


テレビなどのイメージで「女子高生の制服のスカート丈は短いもの」という印象がありましたが、実は地域によってさまざまな違いがあることがわかりました。「大人っぽいのが憧れ」「カワイイのが好き」そんなとらえ方の違いによって、好むスカート丈に差が出ているのかもしれません。


LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。


【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:高校1年生~3年生 女性
実施時期:2020年3月17日~20日
有効回収数:2131サンプル
※都道府県構成比を市場にあわせてウェイトバック

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約516万人のアクティブモニターのうち10~29歳が53%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2020年4月時点

「LINE リサーチ」公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. 【LINEリサーチ】神奈川と東京では約8割が「ひざ上派」、九州や関西では「ひざ下派」が多数 制服に合わせる靴下丈は全国的に「クルー丈」が人気