ごみ減量化 生ごみ処理機を活用しSDGsへの取り組み強化 福島県のごみ削減のモデル事業に協力

8月より業務用生ごみ処理機運用開始

 裏磐梯グランデコ東急ホテル(福島県耶麻郡北塩原村、統括総支配人:中島英雄)は、福島県のごみ削減のモデル事業対象施設として福島県一般廃棄物課からの依頼を受け、2021年8月1日(日)より2022年1月31日(月)までの期間、業務用生ごみ処理機「シンクピア」の運用をいたします。
 


■ ごみ減へ 福島、北塩原、猪苗代で実証実験
 福島県は2021年度、福島、北塩原、猪苗代の3市町村で家庭や事業所から出るごみの減量化に向けた実証実験を実施します。福島市では家庭の可燃ごみのうち剪定(せんてい)した枝木の割合が多く、県は市に園芸用の粉砕機20台を貸与し、木材チップ化に活用してもらう方針です。必要な市民に貸出し、木材チップの利用促進でごみの排出量を減らします。北塩原村と猪苗代町では、モデルとなる宿泊施設等を3か所ずつ選定。裏磐梯グランデコ東急ホテルでは生ごみ処理機を使った減量化に取り組みます。実施の背景には、福島県内のごみ処理の現状があります。1人1日あたりのごみ排出量(1,035g)が全国ワースト2位(全国平均918g)、リサイクル率(12.7%)が全国ワースト2位(全国平均19.6%)であり、早急な対策が必要であることが挙げられます。

■ 生ごみ処理機導入とホテルの取り組み
 2021年3月に福島県より裏磐梯グランデコ東急ホテルがごみ削減のモデル事業所の指定を受けたことにより、生ごみ処理機の導入をいたします。可燃物・不燃物と生ごみを分類し、生ごみのみをごみ処理機に投入。投入前に計量をし、毎月実績を福島県へ報告する流れとなっています。グランデコリゾートでは以前より、SDGsの取り組みの一環として学生団体や一般向けの環境教育プログラム「富良野自然塾裏磐梯校」を催行しています。地球や自然環境を考える「きっかけ」や「気づき」を五感を使って体験できるプログラムです。他にも、宿泊時のアメニティ未使用時、備え付けの「グリーンコイン」をフロントにお持ちいただく事で環境保全活動の基金となる「グリーンコイン制度」など、身近なところから地球環境への負荷を軽減する取り組みを行っています。

 

 

富良野自然塾裏磐梯校富良野自然塾裏磐梯校


■ 生ごみ処理機「シンクピア」について
 『生ごみを運ばず、燃やさず、その場で処理』生ごみをバイオの力で生分解。毎日大量の食品残渣を処理する業務用生ごみ処理機でありながらコンパクトサイズ。生ごみ分解時の臭いをバイオ技術により抑え、安全で快適な生ごみの処理が可能。
処理能力:150㎏/1日あたり
製 造 元:SINKPIA・JAPAN株式会社
U R L  :https://sinkpia-j.co.jp/
 

■ 東急ホテルズ「グリーンコイン」制度について
 ホテルで日々使われている歯ブラシやカミソリなどの使用量を削減することにより、身近なところから地球環境への負荷を軽減していくことを目的とし、2001年9月より実施。年間で集計されたコイン枚数分の基金を公益財団法人オイスカを通じて、山梨県北都留郡丹波山村にある「東急ホテルズ・グリーンコインの森」と、アジア太平洋地域を中心に展開する「子供の森」計画の2つの森づくり活動へ寄付しております。
【詳細はこちら】https://www.tokyuhotels.co.jp/company/sustainable/greencoin/

感染症予防対策 概要
裏磐梯グランデコ東急ホテルではお客様や従業員の安全を最優先に考え、 新型コロナウィルス感染拡大防止対策感に向けた取り組みを実施してまいります。
【詳細はこちら】https://www.grandeco.com/hotel_resort/COVID-19/

<裏磐梯グランデコ東急ホテル>
標高1,040mの磐梯朝日国立公園内にあり裏磐梯エリアで最も星空に近いホテル。ヨーロピアンスタイルの外観が特徴でナチュラルな色調でまとめられた客室はシンプルで温かみを感じる空間です。またゲレンデにも隣接し、館内はレンタルショップや売店、 天然温泉の大浴場・露天風呂(単純温泉)、 サウナ、 屋内・屋外プールなども完備。 ディナーにはフレンチ、 和食、 鉄板焼きのレストランがあり、さまざまなメニューを楽しむことができます。

ホテルから見える星空ホテルから見える星空

温泉露天風呂温泉露天風呂

ホテル概要
公式サイト:http://www.grandeco.com/hotel_resort/

所在地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山 1082−93
交通:電車でお越しの場合はJR猪苗代駅からシャトルバスをご利用ください。
お車の場合、猪苗代磐梯ICから40分
客室:103 室 (ツイン:93 室、ファミリー:8 室、スイート:2 室)
付帯施設:レストラン3店舗、多目的ルーム、温泉大浴場・露天風呂、室内プール、
リラクゼーションルーム、売店 ほか
設立:1992年12月


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東急ホテルズ >
  3. ごみ減量化 生ごみ処理機を活用しSDGsへの取り組み強化 福島県のごみ削減のモデル事業に協力