【クリエイター向け】変動する時代の自身のキャリアを考える 1/26(水)無料セミナー「計画的偶発性理論を意識してチャンスをつくりだす」

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は1月26日(水)、クリエイターの方々を対象に、キャリアカウンセラーと一緒にご自身のキャリアを形成を考えるオンラインセミナー「計画的偶発性理論を意識してチャンスをつくりだす」を開催いたします。

▼詳細・お申し込みはこちら
https://www.creativevillage.ne.jp/105364
※締切:2022年1月26日(水) 18:00


テクノロジーの進化やパンデミック、気候変動など、あらゆる環境が複雑さを増し、将来の予測が困難な「VUCA*の時代」とも呼ばれる現代。そのような中で、これから先のキャリアをどのように考えていけばよいのかわからない漠然とした不安をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?そこで今回、C&R社では、キャリアカウンセラーの安井洋介氏をお招きし、「計画的偶発性理論」に沿って将来のキャリアを形成を考えるセミナーを開催することとなりました。

「計画的偶発性理論」は、教育心理学者のクランボルツによって1999年に提唱されたキャリア理論です。こちらの理論では、予期していなかった出来事を最大限に活用することが、計画的なキャリア形成の機会になりうることが説かれています。今回のセミナーでは、コピーライティング、編集、PR等々、これまで様々な仕事を経験してきたキャリアカウンセラーの安井氏が「計画的偶発性理論」の具体例を挙げながら、参加者の皆さまがご自身に置き換えて考えられるようにワークシートを使って学んでいただきます。なお、本セミナーにご参加いただいた方は、2月にオンラインで実施する「キャリアカウンセラー個別相談会」(https://tlp.edulio.com/pec/seminars/detail/1074)に優先的にお申し込みいただけます。ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

*VUCAとは…Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとった造語。
 
  • キャリアカウンセラーと考える、変動する時代の自身のキャリア「計画的偶発性理論を意識してチャンスをつくりだす」
■日時
2022年1月26日(水) 19:00~20:00

■場所
オンライン開催

■登壇者

合同会社ラビットジャパン
安井 洋介氏

印刷会社からキャリアを開始し、コピーライターや求人情報誌の編集業務を担当。PR会社、ベトナムのIT会社での現地営業業務などを経て、ITインフラ会社にて、営業、管理、人事、現場など幅広く担当。退職後に顧客が立ち上げた会社に役員として参加。
その後自身で法人化し、現在は、キャリアカウンセラーとしての仕事をしながら、IT系サポート業務を行う。

<講師からのコメント>
私は高3の受験真っ只中で通学路が焼け野原になった経験があります。1995年の阪神大震災です。歩きながら耳にした関西のおばちゃん同士の会話がすごかった。「あんたんとこも燃えたん。うちも燃えてん」とあっけらかんと言い放ち、笑いとばしたのです。天災だからしゃーない。笑って切り変えろという心持ちです。震災で自宅も近所もすべて灰燼に帰した極限の困難を、ポジティブにする態度はいわば「楽観性」ともいえます。計画的偶発性理論では、この「楽観性」のほかに「好奇心」「持続性」「柔軟性」「冒険心」の5つを大切にします。この5つの言葉を嫌いな方はいないでしょう。若いときに地域の就職情報誌の編集者・ライターとして活動した私自身の転職失敗談を交えて5つのキーワードにエピソードを絡めて、自分を活かす道の作り方をお話します。

■対象
・理論に沿って、自分のキャリアを考えてみたい方
・お仕事中のすべての方
・ご自身のスキルや経験に自信が持てていない方
・在職中で将来の転職に向けて準備を始めたい方
・初めての転職を検討している方
・これまでのキャリアを振り返る機会をつくりたい方 など

■参加費
無料
※C&R社への会員登録が必須です

■定員
50名

▼詳細・お申し込みはこちら
https://www.creativevillage.ne.jp/105364

※締切:2022年1月26日(水) 18:00


【講座に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
PEC事務局
TEL:03-4550-0063
メール:pec_info@hq.cri.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クリーク・アンド・リバー社 >
  3. 【クリエイター向け】変動する時代の自身のキャリアを考える 1/26(水)無料セミナー「計画的偶発性理論を意識してチャンスをつくりだす」