第13回キッズデザイン賞 受賞!小学校低学年のためのロボットプログラミング講座 しくみKids

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研エデュケーショナル(東京・品川/代表取締役社長:福住一彦)が運営する、小学校低学年向けのロボットプログラミング講座「しくみKids」が、「第13回キッズデザイン賞」の「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」で受賞を致しました。


■ニーズが高まる「低学年」のプログラミング学習に特化した「しくみKids」
「しくみKids」は塾・学童などで開講している、小学校1・2年生を対象としたプログラミング講座です。ロボットを動かすことで、プログラミングを楽しく、体感的に学べます。

↑「しくみKids」のテーマのひとつ、「プログラミングゆうえんち」で作るロボットたち。↑「しくみKids」のテーマのひとつ、「プログラミングゆうえんち」で作るロボットたち。


■学研の教育ノウハウがつまった、「雑誌感覚」で読み進められるテキスト
70年にわたって教育コンテンツを提供してきた学研が、これまでにないプログラミング学習を提供いたします。
講座で使うテキストには、「ナゾとき」、「パズル」、「物語」など、子どもたちが夢中になる「しかけ」が満載!まるで学習雑誌のようなテキストは、興味や関心の対象を広げ、知的探求心を高めます。

 

 

(左)↑「こわれてしまった遊園地を修理する」という物語を読み進めながら、子どもたちも遊園地のアトラクションをブロックで作って動かしていく。(右)↑プログラミングの解説ページ。イラストや写真も豊富でわかりやすく解説。(左)↑「こわれてしまった遊園地を修理する」という物語を読み進めながら、子どもたちも遊園地のアトラクションをブロックで作って動かしていく。(右)↑プログラミングの解説ページ。イラストや写真も豊富でわかりやすく解説。

 

■「しくみKids」担当者からのコメント
これまで弊社(学研)は、子どもたちの「好奇心」を育み、「学びの楽しさ」を伝えるコンテンツ作りに尽力し続けて参りました。それは「プログラミング教育」という、最先端分野においても同じです。今回の受賞を通し、プログラミングを学ぶ子どもたちの「意欲」を第一に考えた講座の価値が認められたことを、大変嬉しく思います。


■「しくみKids」概要
★利用料金: 5,000円*/月 (各60分の講座が月2回)  * 開講教室によって設定料金は前後します。
★ロボット教材には、学研ステイフルの「カードでピピッとはじめてのプログラミングカー」や、アーテック社の「スタディーノ」を使用します。
★公式HP: http://robot.gakken.jp/

--------------------
なお、学研エデュケーショナルでは、0歳から通える学研教室「0・1・2 Petit Pas」も、「第13回キッズデザイン賞」を受賞。教育サービスにおける先端的な取り組みが高く評価された結果となりました。
★公式HP https://www.889100.com/smart/nen/nyuuyouji/

--------------------
キッズデザイン賞とは
★公式HP   http://www.kidsdesign.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 第13回キッズデザイン賞 受賞!小学校低学年のためのロボットプログラミング講座 しくみKids