【パズルが育てた天才脳】京都大学現役合格→世界初「パズル学」で博士号取得・東田大志による\幼児から脳を育てるパズル/2冊同時発売

5歳から育てる天才脳! AI時代に求められる「論理的思考力」は、パズルで伸ばせる

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、2019年8月29日(木)に『東田はかせの京大こどもパズル』シリーズ(1.りんごのなぞ 2.オレンジのなぞ)2冊を発売いたします。

パズルは大人にもこどもにも人気がある、知的遊び。
よく考えて分析し、答えを導き出す…このくりかえしが「脳に効く!」と大人気です。
経験から自信をもって「パズルで頭がよくなる!」と提唱している東田大志(ひがしだひろし)氏が、こどもの脳をグイグイ鍛えるパズルを制作しました。

■パズルのように考えて、偏差値94まで!
著者の東田氏は、小学生から鉛筆で書き込むパズルに夢中になり、高校生まではパズル三昧の日々を送りました。そして高3の夏休みにようやく受験勉強に集中したとのこと。
このとき、勉強もパズルのように考えることで難問も解けるようになり、なんと数学の偏差値は短期間で94まで上昇! 京都大学に現役合格を果たします。
パズルを解きつづけたことで脳の準備運動が万全だった、と述べています。
(参考:りんごちゃんのおけいこラボ インタビュー記事「パズルで頭が良くなるって本当?!京大パズル博士・東田大志さん」 https://youjiokeiko.gakken.jp/news/newbook/1979

その後、京都大学大学院で世界初の「パズル学」博士号を取得。
2019年にはオリジナル問題を中心に「京大東田式パズル教室」を開講し、教室長としてこども~大人までパズルで頭を鍛える楽しさを伝えています。

■こどもの「論理的思考力」(※1)を伸ばすのに、パズルは最適なツール!
『東田はかせの京大こどもパズル』の大きな特徴は、「いろいろな種類のパズルが入っている」こと。
パズル作家としても長く活動してきた著者が、こどものために考えたパズルが掲載されています。

――パズルは、教えてもらったやり方を、機械的に当てはめるだけでは解けません。遊び方をよく読んで意味を理解し、論理的に判断していく力が求められます。(著者前書きより)

本シリーズには多種多様なパズルが掲載されているため、新しいパズルに向かうたびに、きちんと理解し、考えを整理しようとするくせがつくので「論理的思考力」を無理なく伸ばすことができます。

(※1)論理的思考力について
今後数十年の間に、今人間がやっている仕事の大部分が、AI(人工知能)にとって代わられてしまう…そういう時代を生きていくために、今後必要とされる力が論理的思考力といわれています。
 →AIが得意なこと:丸暗記のような単純作業
 →人間が得意なこと:言葉の意味を理解して、論理的な判断を下す
AIが苦手とし人間が得意とする能力(論理的思考力)を伸ばすことが、未来への大きな課題であり、2020年の教育改革、新学習指導要領で目指すところです。

■理解と想像を助ける、かわいいイラスト
幼児には、少しむずかしいレベルのパズルもあります。興味を持って取り組む助けとなるのが、かわいいイラスト。

▲ピザをわけよう:1りんごのなぞより▲ピザをわけよう:1りんごのなぞより

4種類の具がのるように、そして、一人分がひとつながりになるように切り分けるパズル。自分がピザを切り分けて、家族に配る姿を想像すると、なんだか早く解きたくなります。
具体的なピザの絵があることで、パズルのルールを理解する助けにもなっています。

2冊それぞれに、いろいろな種類・テーマのパズルが掲載されていて、どちらの本からやっても楽しめます。
「いわをこわしてすすもう」「しょうぼうしパズル」は、2冊ともに掲載されています。(パズル問題は違っています)

▲いわをこわしてすすもう:2冊ともに掲載▲いわをこわしてすすもう:2冊ともに掲載

いわをこわして迷宮をぬけるパーティー。男の子を主人公にした「1りんごのなぞ」と、女の子を主人公にした「2オレンジのなぞ」。
2冊の絵を見比べて、背景の物語を想像する楽しみもあります。

▲表紙イラストはア・メリカ氏。ゲーム・広告・書籍・グッズで活躍中のイラストレーター。一番右は、東田はかせの分身キャラクター▲表紙イラストはア・メリカ氏。ゲーム・広告・書籍・グッズで活躍中のイラストレーター。一番右は、東田はかせの分身キャラクター

▲レトロかわいいイラストが人気のはやしうき氏。ももたろうめいろの背景は、こども演劇「ももたろう」でストーリーを感じられる挿絵に。:1りんごのなぞより▲レトロかわいいイラストが人気のはやしうき氏。ももたろうめいろの背景は、こども演劇「ももたろう」でストーリーを感じられる挿絵に。:1りんごのなぞより

人気クリエーターによるかわいい&面白いイラスト満載。イラストを見ているだけでもワクワクします。
*-*-*-*-*-*-*-*
『東田はかせの京大こどもパズル』は、脳の準備運動+豊かな想像力で「天才脳」を育てます。
◇機械的・作業的に解くのではなく、場面ごとに理解・考えの整理を行うくせがつく。
◇絵を見て、パズルの背景にあるストーリーを想像することができる。

[商品概要]
『東田はかせの京大こどもパズル』(5さいから育てる天才脳)
1 りんごのなぞ
2 オレンジのなぞ
著:東田大志(京都大学パズル博士) 作問協力:京大東田式パズル教室
定価:各 本体880円+税
発売日:2019年8月29日(木)
判型:B5判/80ページ
電子版:なし
ISBN:
りんごのなぞ 978-4-05-205072-5
オレンジのなぞ 978-4-05-205073-2
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/


【本書のご購入はコチラ】
1りんごのなぞ
・Amazon  https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/405205072X
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15976898/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107008433
・学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1020507200
2オレンジのなぞ
・Amazon  https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4052050738
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15976897/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107008434
・学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1020507300
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 【パズルが育てた天才脳】京都大学現役合格→世界初「パズル学」で博士号取得・東田大志による\幼児から脳を育てるパズル/2冊同時発売