ゲノム編集/ゲノムエンジニアリングの世界市場は2027年まで17.00%のCAGRで成長する見込み

2021年7月30日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-世界のゲノム編集/ゲノムエンジニアリング市場は、2020年から2027年の予測期間において、17.00 %以上の健全な成長率が見込まれています。
ゲノム編集/ゲノムエンジニアリングの世界市場は、2019年には約44億米ドルとなり、2020-2027年の予測期間には17.00 %以上の健全な成長が見込まれています。


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1334

市場の概要:


ゲノムエンジニアリング技術は、微生物のゲノムの削除、挿入、修正に使用されます。ゲノム編集/ゲノムエンジニアリングは、現代の生物学において不可欠な役割を果たしており、バイオ医薬品やバイオテクノロジー業界では、発酵などのプロセスを実行して目的の製品を得るために、微生物のゲノムを改変するために広く使用されています。また、このアプローチは、生物の細胞内のDNAを理解して生物学をより深く理解するため、また感染症や自己免疫疾患を治療するために主に使用されています。2020-2027年の予測期間において市場が成長する要因としては、政府の資金援助が得られることや、ゲノミクスプロジェクトの数が増えることなどが挙げられます。例えば、カナダでは2017年、ゲルフ大学、カナダゲノム大学バイオインフォマティクス・計算生物学、その他の適格機関が、さまざまなゲノミクスベースの研究プロジェクトに1,200万ドルの資金を提供しています。同様に、日本医療研究開発機構によると、2017年に日本政府は、東北メディカル・メガバンク・プロジェクト、ゲノム医療推進のためのプラットフォーム・プログラムなどの様々な取り組みを導入しており、これらのプロジェクトは研究インフラの提供を目的としています。このような政府の取り組みは、ゲノム編集やゲノムエンジニアリングの必要性を高めるでしょう。また、世界のゲノム編集・ゲノムエンジニアリング市場の主要プレイヤーは、競争上の優位性を得るために、製品の発売、技術革新、技術進歩、投資、資金調達など、さまざまな戦略を採用しています。しかし、装置コストの高さが、予測期間中の世界のGenome Editing/Genome Engineering市場の成長を抑制する大きな要因となっています。

世界のGenome Editing/Genome Engineering市場の地域分析では、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域といった主要地域について考察しています。北米は、米国における遺伝子治療の開発において最も重要な市場の1つであること、感染症やがんの流行の増加、遺伝子組み換え作物の使用の増加、研究助成金や資金の利用可能性などから、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域となっています。また、アジア太平洋地域は、2020年から2027年の予測期間において、最も高い成長率/CAGRを示すと予想されています。

このレポートに含まれる主な市場参加者は以下の通りです:
  • サーモフィッシャーサイエンティフィック
  • メルク 
  • ホライゾン・ディスカバリー 
  • ジェンスクリプト 
  • サンガモ・セラピューティクス 
  • ロンザ 
  • エディタス・メディシン 
  • クリスプ・セラピューティック(Crispr Therapeutics 
  • ユーロフィンス・サイエンティフィック 
  • Precision Biosciences
詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。


本調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の市場規模を予測することです。本レポートは、調査対象となる各地域・国における業界の質的・量的側面を取り込むように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては、以下の通りです。

テクノロジー別:
  • CRISPR 
  • TALEN 
  • ZFN 
  • アンチセンス 
  • その他の技術 

製品・サービス別:
  • 試薬・消耗品 
  • ソフトウェア・システム 
  • サービス 

アプリケーション別:
  • セルライン・エンジニアリング 
  • 遺伝子工学 
  • 診断アプリケーション 
  • 創薬・開発 
  • その他

エンドユーザー別:
  • 製薬会社 
  • バイオテクノロジー企業 
  • 学術研究機関、政府系研究機関

地域別:
  • 北アメリカ
  • アメリカ
  • カナダ
  • ヨーロッパ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • スペイン
  • イタリア
  • ROE
  • アジアパシフィック
  • 中国
  • インド
  • 日本
  • オーストラリア 
  • 韓国
  • RoAPAC
  • ラテンアメリカ
  • ブラジル
  • メキシコ
  • 世界のその他の地域

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1334

私たちに関しては:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. ゲノム編集/ゲノムエンジニアリングの世界市場は2027年まで17.00%のCAGRで成長する見込み