新刊『作って遊ぶ! 忍者になるおもちゃ図鑑』発売

低学年から身につく自分で「遊ぶ力」!

●さよならスマホ/ゲーム機! 遊ぶ力をつけるおもちゃ
近年、子どもの遊びのなかに、スマホや携帯ゲームが多く占めるようになりました。どこでも、手軽に遊べてしまうスマホや携帯ゲームは便利な反面、親の立場からするとは、もっと別のことに興味を持ってほしいと願う場合も少なくないはずです。

本書は子どもたちが大好きな「忍者」をテーマに、何度も遊びたくなる手作りおもちゃを集めました。小学校低学年の児童からでもかんたんに挑戦できるものを幅広く選んであります。難しい作業は、大人の人に手伝ってもらってかまいません。おもちゃ作りから遊びまで、親子の交流を広げるきっかけになるはずです。

著者の木村 研氏は、全国各地で「手作りおもちゃ」のワークショップを行い、これまで多くの子どもたちを魅了してきました。最初は作り方にとまどっていた子どもたちも、何度も作って、そして繰り返し遊ぶことで、どんどん自分だけのおもちゃにしていきます。親子で作れば、いつしか子どもも大人も夢中になっていること間違いなしです。

全国各地で「手作りおもちゃ」のワークショップを行う全国各地で「手作りおもちゃ」のワークショップを行う


●「手作りおもちゃ」は工作とは違う
おもちゃを辞書で調べると「子どもが遊ぶための道具」というようなことが書いてあります。つまり遊ぶからこそ、おもちゃなのです。

ところが手作りおもちゃとなると、わたしたち大人は、ついつい工作のように「作ること」を目的にしがちです。きちんと形が整っているとか、説明書の通りに間違いなく作れている、あるいは可動部分があれば、きちんと動くのか……などなど。しかし、本書で紹介するおもちゃは、出来ばえを競うものではありません。楽しく、夢中になって遊べることのほうが大事なのです。

初めて作るおもちゃは不格好でかまいません。何度も作ることで、形も機能もどんどんよくなっていくはずです。飛ばすおもちゃはもっとよく飛ぶように、滑るおもちゃは、もっとよく滑るように。子どもたちの手にかかれば、別の材料や工夫で、さまざまなバリエーションが生まれてくることでしょう。

そしてたくさん遊ぶことで、多くの「気づき」や「工夫」を自然に見つけるはずです。

本書をきっかけにスマホではなかなか得られない「楽しさ」「好奇心」を体験してみてください。


[商品概要]
商品名:『作って遊ぶ! 忍者になるおもちゃ図鑑』
著者:木村 研/まんが:やまね あつし
定価:本体1300円(税別)
発売日:2019年11月19日
判型:A5/ページ数:128ページ
ISBN 978-4-06-514486-2

 

発行所:講談社ビーシー/講談社
■Amazon:https://amzn.to/2oXC3zU

 



[著者]木村 研(きむら けん)
児童文学作家。手づくりおもちゃ・遊びの研究家として全国各地を回り、講演を行う。主な著書に『手づくりおもちゃを100倍楽しむ本』(いかだ社)、『わくわく! びっくり! かんたん手づくり絵本』(チャイルド本社)、また絵本に『999ひきのきょうだい』シリーズ(ひさかたチャイルド)などがある。2012年ドイツ児童文学賞に『999ひきのきょうだいのおひっこし』がノミネートされ、子どもたちが選ぶ「金の本の虫賞」になる。日本児童文学者協会会員。

[まんが]やまね あつし
1967年東京都生まれ。サラリーマン生活を経て漫画家に転身。迷路・クイズの構成やイラスト・漫画等、子ども向けの本を手がけている。『まんがで学ぶ語源』『恐怖の5分間 子
どもに話すこわーい話』(国土社)、『5分間で読める・話せるこわ~い話KING』(いかだ社)などの作品がある。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 新刊『作って遊ぶ! 忍者になるおもちゃ図鑑』発売