【ホテル日航大阪】寄附金付き宿泊プラン販売分を「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」へ寄附

医療や療養に携わる方々への感謝を込めて、宿泊代金の一部とホテルからの寄附金を納付。

大阪 心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋1-3-3、代表取締役社長・総支配人:呉服 弘晶)は、医療と療養などに従事する方々の支援のための「寄附金付き宿泊プラン」を販売し、2021年7月13日(火)までに「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」に累計104万8千円を寄附いたしました。

2020年5月に実施したライトアップ2020年5月に実施したライトアップ

長くコロナ禍が続き、最前線で日々闘ってくださっている医療従事者の方々へ向け、ご宿泊いただくお客様にもご協力いただき、ホテルとして感謝の気持ちを伝える寄附ができないかと考え、本年2月から3月、および4月から6月に「【感謝の気持ちを届けよう!!】医療従事者への寄附金付き宿泊プラン」を販売いたしました。
お客様の宿泊料金の一部をお預かりし、ホテルからも同額の寄附をするもので、本プランの趣旨にご賛同いただいた多くのお客様にご利用いただき、104万8千円を寄附することができました。
今後も、新型コロナウイルスの一日も早い終息を願い、感染拡大防止への取り組みに努めるとともに、より一層社会貢献と地域との共存を目指してまいります。 

【感謝の気持ちを届けよう!!】医療従事者への寄附金付き宿泊プラン 概要
<第一期>
販売期間:2021年2月9日(火)~2021年3月31日(水)
寄附額:118,000円
内容:1泊1室につき、お客様の宿泊料金から500円、ホテルからの同額500円を合わせて1,000円を寄附。延べ118室。
<第二期>
販売期間:2021年4月27日(火)~2021年6月30日(水)
寄附額:930,000円
内容:1泊1室につき、お客様の宿泊料金から750円、ホテルからの同額750円を合わせて1,500円を寄附。延べ620室。

ホテル日航大阪のSDGsへの取り組みはこちら  https://www.hno.co.jp/other/sdgs.html

大阪府 新型コロナウイルス助け合い基金について
大阪府が設立した、新型コロナウイルス感染症に関する医療及び療養に従事される皆さんを支援するための基金です。
https://www.pref.osaka.lg.jp/kenisomu/coronakikin/

ホテル日航大阪について
開 業  :1982 年(昭和57 年)9 月4 日
所在地:542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-3-3
アクセス:大阪メトロ御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅⑧号出口直結
施設紹介:地上32 階、地下4 階。客室数603 室、料飲施設9 店舗、大小13 の宴会場、チャペル、エステティックサロンなどを備える総合施設。テイクアウト、およびオンラインショップでの商品販売も行う。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアライアンスホテル。
ホテル日航大阪公式サイト https://www.hno.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニッコー・ホテルズ・インターナショナル >
  3. 【ホテル日航大阪】寄附金付き宿泊プラン販売分を「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」へ寄附