【LINEリサーチ】宝くじ購入経験がある人は約6割、年代が上がるにつれて増える傾向 使い道は「貯金する」が半数以上で総合1位。男性は車や資産運用、女性は旅行や子供の養育・教育費と使い方に差が出る結果に

LINEリサーチ、宝くじで1億円当たったときの使い道に関する調査を実施

LINE株式会社では、同社が保有する約529万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。

このたびLINEリサーチでは、日本全国の15~59歳の男女を対象に、宝くじで1億円当たったときの使い道に関する調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせします。

※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます:http://research-platform.line.me/archives/35767946.html
◾️年代が上がるほど購入率が増える傾向。50代は86%が購入経験あり

宝くじを買った経験があるかどうかについては、全体では約6割が「ある」と回答しました。半数以上は購入経験があるようですが、年代別では大きな差があることもわかりました。 10代は最も割合が低く、18%にとどまりました。20代になると倍の36%に増え、30代では67%、40代は78%、50代になると86%となり、年代が上がるにつれて、宝くじを買ったことがある人の割合が高くなることがわかりました。

◾️1億円の使い道 1位は「貯金」、2位は「親にプレゼントや親孝行」

宝くじで1億円当たったときの使い道に関しては、「貯金する」が半数を超え総合第1位、続いて「親にプレゼントを買う/親孝行する」が2位、「国内旅行に行く」が3位という結果になりました。3位と僅差で4位に「家(一戸建てやマンション)を買う」、5位「海外旅行に行く」と続きます。
ランキングには入っていませんが、1億円が当たったら「仕事をやめる」と回答したのは全体の1割未満にとどまりました。

1億円の使い道に男女差はあるのかについて見てみると、男女ともに「貯金する」がトップだったものの、男性は5割弱、女性は約6割と女性のほうがより「貯金」との回答が多い結果となりました。

以降、女性では3位に「国内旅行に行く」、5位に「海外旅行に行く」がランクインしました。6位に「子供の養育費・教育費にあてる」、9位に「美容・エステ代に使う」が入っているのも特徴的です。

男性では、3位に「車を買う」がランクインしました。また、女性ではランク外だった「資産運用に使う」が6位となり、男女でのお金の使い方に差が出る結果となっています。また10位以内には入らなかったものの「仕事の資金にする」を選んだ男性は女性の約2倍、「土地を買う」は1.4倍という結果に。男性は「投資」や「資産運用」という考えが強いのかもしれません。


LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。


【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2020年7月17日~19日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約529万人のアクティブモニターのうち10~29歳が52%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2020年7月時点

「LINE リサーチ」公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. 【LINEリサーチ】宝くじ購入経験がある人は約6割、年代が上がるにつれて増える傾向 使い道は「貯金する」が半数以上で総合1位。男性は車や資産運用、女性は旅行や子供の養育・教育費と使い方に差が出る結果に