2020年は半沢直樹イヤー! 講談社からも企画続々‼

最高視聴率42.2%を記録し、平成を代表する空前絶後の大ヒットとなったドラマ「半沢直樹」(TBS)。その続編にあたる「半沢直樹(仮)」が、ついに2020年4月から始まります。続編に先駆け、新春スペシャルドラマ「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ ~狙われた半沢直樹のパスワード~」の放送も決定しました。

2020年の「半沢イヤー」を一緒に盛り上げるため、講談社からもたくさんの企画が登場します。まずは12月13日、続編ドラマ原作『半沢直樹3 ロスジェネの逆襲』『半沢直樹4 銀翼のイカロス』(池井戸潤著)が講談社文庫より同時発売されます。前作ドラマの最終回で「まさかの出向」となった半沢が、出向先の子会社「東京セントラル証券」で再スタートを切るところから物語は始まります。

また、講談社を代表するコミック誌である「週刊モーニング」「週刊少年マガジン」「月刊少年シリウス」が、来年より「半沢直樹」コミカライズを相次いでスタート。凛々しい半沢、小学生の半沢、ネコになった半沢が、きっと窮地で「倍返し」を決めてくれることでしょう。また公式半沢名言集や、日めくりカレンダーも企画中です。

そして企画の大目玉として、池井戸潤さん自らによる「半沢直樹」のスピンオフ小説が目下進行中です! じつに6年ぶりとなる「半沢直樹」シリーズの新作、どうぞご期待ください!
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 2020年は半沢直樹イヤー! 講談社からも企画続々‼