竹内涼真、日曜劇場『テセウスの船』主演の意気込みを語る VOCE2月号は12月21日発売!

  • 竹内涼真が語る、日曜劇場の主演俳優としての想い
2020年1月スタートの日曜劇場『テセウスの船』の主役に抜擢され、今最も勢いのある実力派俳優のひとりである竹内涼真さん。殺人犯の息子という、複雑な心境を抱えた主人公を演じることへの想いを語っていただきました。

「日曜劇場の主演という立場での出演は、今までとはまた違う意味で挑戦です。チームの皆様と力を合わせて、いい作品にしたいという気持ちでいます」と竹内さん。一つひとつ言葉を選び、まっすぐこちらを向いて話す様子から、誠実な人柄と今作への熱い思いがひしひしと感じられ、こちらの背筋まで伸びるような思いでした。

本誌の撮影では、スラリとした長身で、流れるようにポーズを取る様子に、スタッフ一同クギヅケに! 歩いたり、寝転んだり、振り返ったり。カメラマンの要求をサラリとこなす勘の良さはさすがです。インタビューでは何度も聞かれているであろう質問にも丁寧に回答いただいたり、差し入れに喜んでくれたりと、最後の最後まで「好感しかない」竹内さんでした。そんな竹内涼真さんをVOCE2月号で堪能してください!

 

【商品情報】
月号:VOCE 2020年2月号
価格:通常版690円(税込)/増刊530円(税込)※増刊には特別付録は付きません
発売日:2019年12月21日(土)※首都圏基準
発行元:株式会社講談社
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 竹内涼真、日曜劇場『テセウスの船』主演の意気込みを語る VOCE2月号は12月21日発売!