電子ビームでIC部品やウェハーをスキャンする半導体製造装置、2021年から2026年にかけて市場は約21%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電子ビームウエハ検査システムの世界市場 (2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・市場機会」(IMARC Services Private Limited)の販売を1月18日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1029101-e-beam-wafer-inspection-system-market-global.html


市場の概要
電子ビームウェハー検査装置の世界市場は、2020年に4億6,100万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約21%のCAGRで成長すると予想されています。

電子ビームウェハー検査装置とは、電子ビームを用いて集積回路(IC)部品やウェハーを走査する半導体製造装置のことです。このシステムは、最終パッケージング前のウェハーの欠陥を検出するために使用されます。また、ダイの小さなセクションをスキャンして、検出が困難な特定のシステマティックな欠陥やランダムな欠陥を特定するのに最適です。この技術は、コンパクトガジェット、スマートフォン、ラップトップ、タブレットなどの製造によく用いられます。また、リソグラフィの認定、ウェハーの配置、レチクルの品質最適化にも使用されます。

市場の動向
エレクトロニクス産業の著しい成長と急速な工業化は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。半導体ウェハーは、特殊なデバイスや家電製品の製造に広く使用されているため、効率的な検査装置の需要が高まっています。また、自動車の電動化・自動化も市場の成長を後押ししています。数多くの種類のウェハーが、エアバッグ制御、全地球測位システム(GPS)、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)、ナビゲーションおよびディスプレイ・システム、パワーダウンおよびウィンドウ制御などの自動車部品に使用されています。また、自動運転技術や衝突検知技術の向上にも使用されており、これらがウェハー検査装置の需要を増加させています。さらに、より効率的で大量生産に必要な全体の時間を最小限に抑えるマルチビーム電子ビーム検査装置の開発など、さまざまな技術的進歩が市場をさらに押し上げると予測されています。

主要な市場区分
電子ビームウェハー検査装置の世界市場は、解像度、アプリケーション、エンドユース、地域に基づいて分類されています。

解像度別の市場区分
・1nm未満
・1nm~10nm
・11nm以上

アプリケーション別の市場区分
・欠陥イメージング
・リソグラフィ資格
・ベアウェーハOQC/IQC
・ウェハー処理
・レチクル品質検査
・インスペクターレシピの最適化

エンドユース別の市場区分
・通信機器
・民生用電子機器
・自動車部品
・その他

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況
電子ビームウェハー検査装置の世界市場における主要な企業としては、エアロテック、アプライドマテリアルズ、ASML Holding N.V.、日立製作所、KLA-Tener Corporation、Lam Research Corporation、Nanotronics Imaging Inc.、NXP Semiconductors N.V. (Qualcomm Incorporated)、Renesas Electronics Corporation、Synopsys Inc.、Taiwan Semiconductor、Teledyne Technologiesなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1029101-e-beam-wafer-inspection-system-market-global.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 電子ビームでIC部品やウェハーをスキャンする半導体製造装置、2021年から2026年にかけて市場は約21%のCAGRで成長見込み