発売後、即重版! 「ストリップ」に「インコー」って実は印刷用語って知ってた? 楽しく働く“極意”もわかる印刷業界マンガ「印刷ボーイズは二度死ぬ」

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、2019年10月31日(木)発売の書籍「印刷ボーイズは二度死ぬ」(本体1200円+税)の重版を決定いたしました。

■苦難95%の仕事をひきつり笑いで楽しむ…印刷業界の裏側がこんなに笑えて泣けるなんて!
GetNavi webで人気のマンガ連載「今日も下版はできません! 」の書籍版である本作は、印刷会社「ナビ印刷」で日夜起こる、印刷にまつわる悲喜こもごもをコミカルに描いたマンガ作品です。印刷現場どたばたネタに加えて、ハラハラどきどきの展開で読ませるストーリーは、印刷業界のみならず出版・広告業界人やライター、デザイナー、イラストレーター、マンガ家などクリエイターからも「あるある!」「現場の裏側がわかりすぎて泣ける…」など大きな共感を得ています。

 

■「印刷の教科書」とも言えるほど、濃い印刷ネタ解説!
印刷業界を舞台にした本作では、印刷のことが1から10まで学べる知識ネタで構成されています。印刷機の仕組みから印刷用語解説、誤植が起きる裏側についてなど、紙にかかわる濃くて深いネタが読み込めます。


また各ページの欄外には、印刷の歴史や人物について深掘りした「印刷豆知識」、SNSで公募した印刷にまつわるネタ投稿「印刷体験談」「印刷川柳」を合計116本収録。1冊で何回でも読み込める内容となっています。

■異色の「印刷品質対決」もアツイ! 熱くて泣ける長編ストーリーに挑戦!
印刷業界の「あるある」ネタで好評を得ているシリーズですが、「印刷ボーイズは二度死ぬ」では大企業印刷会社との印刷へのプライドと組織の結束を賭けた「印刷品質対決」や、大物クリエイターからの難題に挑む長編など、今までにないストーリーを展開しています。今までどこでも描かれたことがない、「印刷」そのものをテーマにしたドラマに注目です。

[商品概要]
■「印刷ボーイズは二度死ぬ」
本体価格:1200円+税
発売日:2019年10月31日(木)
判型:A5変型/160ページ
電子版:あり(同時配信)
発行所:(株)学研プラス
ウェブ版連載「今日も下版はできません!」: https://getnavi.jp/category/comic/gehan/


【本書のご購入はコチラ】
・Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4054067425/
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16031429/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107027112
・学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1340674200
[ 電子書籍 ]
・Kindle https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07XB6S73W/
・楽天Kobo https://books.rakuten.co.jp/rk/5b8e780b308638ca9f4f6947c55d337a/
・honto https://honto.jp/ebook/pd_29969193.html
・BookLive! https://booklive.jp/product/index/title_id/528494/vol_no/002
・LINEマンガ https://manga.line.me/book/detail?id=002lr6oa
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 発売後、即重版! 「ストリップ」に「インコー」って実は印刷用語って知ってた? 楽しく働く“極意”もわかる印刷業界マンガ「印刷ボーイズは二度死ぬ」