世界のビタミン成分市場:脂溶性ビタミン別(A、D、E、K)、水溶性ビタミン別(B、C)、エンドユーザー別(人間、動物)、地域別、国別の分析:予測2022ー2030年

Kenneth Researchは調査レポート「世界のビタミン成分市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年11月 11日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086086
世界のビタミン成分市場は、2022年に10.26憶米ドルの市場価値から2030年末までに15憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に7%のCAGRで拡大すると予測されます。

 

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/vitamin-ingredients-market/10086086

ビタミンは、成長、消化、神経機能などの健康的な生活に貢献する必須栄養素です。ビタミンA、C、D、E、K、B、チアミン、リボフラビンなど、絶対に必要な13のビタミンがあります。ビタミンは、水溶性と脂溶性の二つのタイプに分類できます。ビタミンサプリメントは通常、特定の健康問題、ビーガン食の患者、妊娠中または授乳中の女性のために医師から推奨されています。ビタミンを過剰に摂取すると、特定の問題を引き起こす可能性もあります。添加剤、微量のミネラル、重金属、化学物質などの多くの有毒成分も、ビタミンの製造に使用されています。2007年6月、FDAは、栄養補助食品の現在の適正製造基準(cGMP)規制を確立しました。製造業者は、製品を市場で販売する前に、同一性、純度、強度、および組成をテストして製品を評価する必要があるためです。さらに、米国の全米科学アカデミーは、特定の日中に超えてはならないビタミンおよびミネラルの摂取量の上限を示しています。

世界のビタミン成分市場は、2014年までに8,573米百万ドルに達すると推定されており、2016ー2024年まで4.9%のCAGRで成長すると予測されます。多くの先進国と新興国の高齢者人口の増加に伴い、消費者の間で予防策に対する意識が高まっていることが、ビタミン成分市場の成長を支える主要な要因です。さらに、ビタミン添加食品や化粧品への需要の高まりや、子供と妊婦の間で必要なビタミン摂取のための政府の開始ことも、市場の成長を後押ししています。しかし、強化食品や魚油などの他のサプリメントは、市場の成長を妨げる可能性があります。さらに、eコマースと、改良された配合、パッケージング、および店内の消費者教育を備えた新しいブランドを提供するプライベートラベルのエントリは、今後数年間で成長の機会を提供します。さらに、eコマースと、改良された配合、パッケージング、および店内の消費者教育を備えた新しいブランドを提供するプライベートラベルのエントリは、今後数年間で成長の機会を提供します。

世界のビタミン成分市場におけるキープレイヤー
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。世界のビタミン成分市場における業界のリーダーはAmway, Atlantic Essential Products, BASF, Lonza Group, DuPont Danisco, AIE Pharmaceuticals, Bluebonnet Nutrition, Royal DSM, Aland (Jiangsu) Nutraceutical, Archer Daniels Midland, and Bactolac Pharmaceuticalなどです。

レポートの主なハイライト
  • 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
  • レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
  •  統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
  • レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。
世界のビタミン成分市場のセグメンテーション
世界のビタミン成分市場は、脂溶性ビタミン別(A、D、E、K)、水溶性ビタミン別(B、C)、エンドユーザー別(人間、動物)、地域別、国別などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

世界のビタミン成分市場に関するレポートは、地域に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東・アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

アジア太平洋地域の市場は、ビタミン成分市場をリードしています。これは、インド、中国、インドネシアの人口増加と、食事に含まれるビタミンの不足による高齢化による病気や健康問題の高いリスクに起因する可能性があります。アジア太平洋諸国ではビタミン欠乏症の患者数が増加しており、ビタミンカプセル、シロップ、その他の粉末形態の需要が増加しています。さらに、消費者の可処分所得の増加と幅広い流通チャネルにより、アジア太平洋地域の市場成長が促進されています。北米では、人口の増加に伴い、ビタミンに対する大きな需要があります。

さらに、市場は地域別によって細分化されています。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086086

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界のビタミン成分市場:脂溶性ビタミン別(A、D、E、K)、水溶性ビタミン別(B、C)、エンドユーザー別(人間、動物)、地域別、国別の分析:予測2022ー2030年