尿比重計の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.8%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「尿比重計の世界市場:製品別(450ml、500ml)、アプリケーション別(手術方法、緊急外傷)、エンドユーザー別(病院、クリニック)、地域別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を1月20日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi1042950-urometer-market-size-share-trends-analysis-report.html


尿比重計の市場規模は、2020年に4億2,770万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR6.8%で成長すると予測されています。尿閉、膀胱炎、前立腺肥大症、尿失禁、腎結石など、膀胱の機能障害につながる泌尿器系疾患の増加は、市場の成長を促進する主な要因の1つと考えられます。また、高齢者人口の増加、非営利団体による取り組み、在宅医療施設の需要などが、市場成長のさらなる原動力となっています。尿失禁(UI)は主要な病状の一つであり、特に移動が困難な患者や寝たきりの患者の採尿に尿比重計が大きな役割を果たします。UIは、世界各国で見られる極めて一般的な症状です。咳やくしゃみ、妊娠・出産などの要因や、肥満などの状態が原因となります。さらに、脊髄損傷・疾患、多発性硬化症、パーキンソン病、脳血管障害、前立腺肥大などの患者も長期的な尿閉に悩まされており、そのために尿比重計システムが必要となります。例えば、米国国立糖尿病・消化器・腎臓疾患研究所によると、40〜83歳の男性の尿閉発症率は1,000人あたり4.5〜6.8人、70歳代の男性では1,000人あたり100人にまで増加します。80歳以上の男性では、急性尿閉の発生率は1,000人あたり300人でした。

さらに、女性は更年期障害、妊娠、ホルモンの変化などにより、UIになりやすいと言われています。NCBIに掲載された研究によると、妊娠中の女性の尿失禁の有病率は32%から64%となっています。そのため、泌尿器系の疾患や関連する手術の増加に伴い、術後の利便性を高めるための尿比重計システム付き導尿バッグの需要が急増しており、市場成長にプラスの影響を与えると思われます。

また、高齢者人口の増加も市場成長を加速させる大きな要因となっています。WHOによると、尿失禁は60歳以上の高齢者に多く見られる症状です。高齢者の尿失禁には、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁があります。同じ資料によると、世界の65歳以上の人口は、2000年の7.0%から2050年には16.0%に増加すると予想されています。高齢化社会では、尿失禁、尿漏れ、慢性腎臓病、尿閉など、膀胱のコントロールが困難になる傾向があります。

また、高齢者では、膀胱頸部の閉塞、神経障害、後部尿道狭窄などが原因で尿閉になることが多くなっています。例えば、米国腎臓学会によると、高齢者の泌尿器系疾患は3番目に多い訴えであり、医師の診察の約47.0%を占めています。

また、高齢者人口の増加に伴い、CKD(慢性腎臓病)の発症率も増加しています。例えば、National Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)やNational Kidney Foundationによると、米国で腎不全の治療を受けている患者さん全体の約57.3%は男性です。全米腎臓財団によると、世界では人口の10%がCKDに罹患しており、安価な治療を受けられないために毎年数百万人が亡くなっています。このように、高齢者人口の増加に伴い、尿量計付き尿袋のニーズも高まっており、市場の成長を後押ししています。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1042950-urometer-market-size-share-trends-analysis-report.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 尿比重計の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.8%で成長予測