空気中に揮発した次亜塩素酸水溶液の有効塩素成分が、MRSA、肺炎レンサ球菌、ロタウイルスを99%以上抑制

パナソニック エコシステムズ株式会社は、食塩水を電気分解して得られる「次亜塩素酸水溶液(※1)」から揮発した有効塩素成分が、約25立方メートル(約6畳)の空間で、付着のMRSA、肺炎レンサ球菌、ロタウイルスを抑制する効果があることを検証しました。

食品業界や医療・介護施設、その他の室内環境において、次亜塩素酸を用いた洗浄、除菌、脱臭などの作業が日常的に行われています。今回、試験空間(約25立方メートル(約6畳))で、有効塩素成分が、付着のMRSAに対して120分で99%以上抑制、肺炎レンサ球菌に対して120分で99%以上抑制、ロタウイルスに対して120分で99%以上抑制する効果があり、テーブルや手すりなどに付着したMRSA、肺炎レンサ球菌、ロタウイルスを短時間で抑制する効果が期待されます。

※1 塩水を電気分解して得られる水溶液

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 空気中に揮発した次亜塩素酸水溶液の有効塩素成分が、MRSA、肺炎レンサ球菌、ロタウイルスを99%以上抑制(2016年11月7日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/11/jn161107-2/jn161107-2.html

<関連情報>
・パナソニック エコシステムズ株式会社
http://panasonic.co.jp/es/peses/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パナソニック >
  3. 空気中に揮発した次亜塩素酸水溶液の有効塩素成分が、MRSA、肺炎レンサ球菌、ロタウイルスを99%以上抑制