学研プラス×読売テレビ×JTB3社協働プロジェクト「ytvアナウンサーがフィリピンで特別授業」を開催

日本語を学ぶ現地大学生にオリジナル物語『うわばきクック』を使った日本語特別授業

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研プラスは、読売テレビ放送株式会社、株式会社JTBとの協働プロジェクトとして、フィリピンのマニラとその近郊において、オリジナル物語『うわばきクック』を使った日本語の特別授業を行いました。
この取組みは、日本企業の海外進出で増加している海外子女や、海外で日本語を学ぶ現地学生の日本語力向上を手助けすることを目的に、公益財団法人海外子女教育振興財団の協力の下、学研プラス、読売テレビ、JTBの3社が行う協働プロジェクトです。2014年にシンガポールで初めて実施し、台北、ジャカルタ、上海、クアラルンプールに続いて今回が6回目の実施となります。

今回は2019年11月26日(火)に在フィリピン日本国大使館附属マニラ日本人学校(以下、マニラ日本人学校)、27日(水)にファーイースタン大学で、読売テレビのアナウンサー森若佐紀子、本野大輔、岩原大起によるオリジナル物語『うわばきクック』を使った日本語の特別授業を行いました。

ファーイースタン大学では、日本語を学ぶ現地大学生に『うわばきクック』を朗読してもらい、物語の中に出てくる“スタスタ”“キョロキョロ”等、日本の子どもから大人までが日常会話で使う表現をアナウンサーが説明しました。授業後、学生からは「今まで日本のアニメで“スタスタ”等の表現は見ていたが、アナウンサーに説明してもらってどういう意味か良く分かって楽しかった。」との声が多く聞かれました。
マニラ日本人学校では、小学3年生を対象に、物語を読んで“どのように言葉を使って相手に思いを伝えるか”の授業を行いました。児童からは「読む楽しさが伝わって楽しかった。」「音読が今までより良く出来た。」との声が上がりました。

▲ファーイースタン大学▲ファーイースタン大学

▲マニラ日本人学校▲マニラ日本人学校

学研プラス、読売テレビ、JTBは、3社協働プロジェクトを通じて、今後も社会貢献活動に取り組んでいきます。

■『うわばきクック』とは・・・
『うわばきクック』…「クック」は、左足用の「うわばき」。双子の兄である右足用のうわばき「カック」と離ればれになってしまい、カックと再会するため世界中を旅しています。ストーリーは、映画・ドラマ「泥棒役者」「小野寺の弟・小野寺の姉」「怪物くん」「妖怪人間ベム」など数々のヒット作を生み出している脚本家・映画監督の西田征史(まさふみ)氏が担当。現在、毎週月曜11時29分~放送中の「おでかけ♪クック」(関西ローカル)に登場するほか読売テレビ無料配信サービス「ytvMyDo!」や、オンライン動画配信サービス「Hulu」では、クックが離ればれになった兄のカックを探すオリジナルアニメを配信中。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 学研プラス×読売テレビ×JTB3社協働プロジェクト「ytvアナウンサーがフィリピンで特別授業」を開催