【JAF長崎】春の全国交通安全運動キャンペーンに参加~衝突衝撃体験車(シートベルトコンビンサー)を出展~

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)長崎支部(支部長 藤岡 良規)は5月16日(木)、 長崎自動車道下り線大村湾パーキングエリア内(東彼杵郡東彼杵町)にて交通安全ブースを出展します。
今回の出展は長崎県警察本部交通部高速道路交通警察隊から依頼を受けたもので、ブースでは衝突衝撃体験車(シートベルトコンビンサー)を出展します。これは、時速約5kmでの衝突と同等の衝撃体験ができるものです。体験を通して、自動車の最も基本的な安全装置の一つである「シートベルト」の後席を含む全席着用の必要性を実感していただけます。この機会にぜひご体感ください。

JAFは、より良い交通環境への取り組みとして各種調査、交通安全を学ぶ体験ブースの出展、講習会等への講師派遣など様々な交通安全啓発活動を全国各地で実施しています。皆様のご参加をお待ちしています。

***************************************************
【開催概要】
1 開催日時  5月16日(木)10:00~11:00
2 場  所  長崎自動車道下り線大村湾パーキングエリア(長崎県東彼杵郡東彼杵町)
3 体験費用  無料

※詳しい内容については、「JAFご当地情報長崎」をご覧ください。
https://jafevent.jp/area/kyushu/nagasaki/_new_3/1904_42_003_9.html
***************************************************

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF長崎】春の全国交通安全運動キャンペーンに参加~衝突衝撃体験車(シートベルトコンビンサー)を出展~