世界の安定同位体標識化合物市場の見通し2030―タイプ別(炭素13、D、酸素18、N15)、アプリケーション別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別

Kenneth Researchは、世界の安定同位体標識化合物市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年11月 29日 に発刊しました。これは、世界の安定同位体標識化合物市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059485
世界の安定同位体標識化合物市場は、2022年に約279百万米ドルの市場価値から2030年末までに約367百万米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に4%のCAGRで拡大すると予測されます。

安定同位体標識には、さまざまな化学的および生化学的システムをモデル化するために使用されるトレーサーとして機能できる非放射性同位体の使用が含まれます。同位体は、核磁気共鳴(NMR)および質量分析(MS)を通じて、その化合物の識別可能なラベルとして機能します。一般的に使用される安定同位体には、2H、13C、および15Nが含まれます。安定同位体標識化合物は、代謝を介した毒性研究に従事する研究者の間でかなりの関心を呼んでいます。

この市場の成長は、主に製薬およびバイオテクノロジー分野での研究活動の増加などの要因によって推進されています。また、癌の蔓延により、このような安定同位体標識化合物を使用した研究活動が増加しています。さらに、研究活動の増加による安定同位体標識化合物市場の上昇(特に個別化医療および医薬品の分野)は、安定同位体標識化合物市場が予測期間中に成長する絶好の機会を提供します。メタボロミクス研究とは別に、安定同位体標識化合物は、環境分析、プロテオミクス、および医療診断研究でますます使用されています。

世界保健機関の統計によると、2017年の世界の一人当たりの医療費は1,064.741米ドルでした。1人あたりの世界的な医療費は2008年の864.313米ドルから2018年には1,110.841米ドルに増加しました。米国は、2018年に1人あたり10,623.85米ドルの医療費に達したトップの国でした。米国の国内一般政府医療費は、2008年には3515.82米ドルでしたが、2018年には5355.79米ドルに増加しました。これらは、過去数年間の市場成長の原因となるいくつかの要因です。さらに、メディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)の予測によると、米国の国民医療費(NHE)に関連する推定平均年間変化率は2019年(4.5%)と比較して2020年には5.2%でした。

世界の安定同位体標識化合物市場のセグメンテーション洞察

 

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-stable-isotope-labeled-compounds-market/10059485

レポートは、タイプ別(炭素13、D、酸素18、N15)、アプリケーション別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)などによってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

世界の安定同位体標識化合物市場におけるキープレイヤー

世界の安定同位体標識化合物市場における業界のリーダーは、Nordion, Omicron Biochemicals, Inc., Medical Isotopes, Inc., IsoSciences, LLC., Cambridge Isotopes Laboratories, Inc., and Merck KGaA.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

北米市場は予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます

北米は、安定同位体標識化合物市場を支配すると予想されます。この市場の成長を推進する主な要因には、製薬およびバイオ医薬品産業の成長、米国の大規模な核産業、カナダの製薬産業の成長、および北米諸国での資金調達の利用可能性が含まれます。北米も予測期間中に高いCAGRを登録する可能性があります。

さらに、有益な政府のイニシアチブと研究パートナーシップの数の増加は、市場の成長を高めることが予測される要因です。この地域では、支持的な医療政策、多数の患者、および発展した医療市場により、米国が最大のシェアを占めています。

世界の安定同位体標識化合物市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059485

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の安定同位体標識化合物市場の見通し2030―タイプ別(炭素13、D、酸素18、N15)、アプリケーション別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別