不正の検出と防止(FDP)の市場規模、2026年に534億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「不正検出・防止 (FDP) の世界市場 (~2026年):ソリューション (不正分析・認証・GRC)・サービス (マネージド・プロフェッショナル)・産業 (BFSI・小売・Eコマース・旅行&輸送)・展開区分・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を1月24日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1043977-fraud-detection-prevention-market-by-solution.html


不正の検出と防止(FDP)の市場規模は、2021年の228億米ドルからCAGR18.5%で成長し、2026年には534億米ドルに達すると予測されています。FDP市場の成長を促進する主な要因としては、デジタル化やIoTの導入により、不正検知・防止システムの導入率が高まり、不正による収益損失が増加したことなどが挙げられます。FDP市場における様々な機会は、銀行部門におけるAIやMLの使用に後押しされ、中小企業における不正検知・防止ソリューションの需要が増加していることに起因しています。FDP市場における課題は、熟練したセキュリティ専門家の不足と、中小企業におけるデジタル詐欺に関する意識の欠如です。


COVID-19の不正の検出と防止市場への影響

COVID-19の影響で、各国間のロックダウンにより、デジタル技術の市場規模が拡大しています。現在、60%~70%以上の人が、WFH、銀行のデジタルアプリを通じたオンライン取引、モバイル/デジタルマネーウォレットを通じた取引など、さまざまな理由で1つまたは複数のデジタルプラットフォームを利用しています。しかし、重要な情報へのアクセスが容易になったため、デジタルプラットフォームのハッキングが簡単にできるようになりました。最も被害の大きかった医療業界では、システム停止による治療への悪影響を防ぐことが病院や医療機関の緊急課題となっており、サイバー犯罪者の格好の標的となり、戦いが繰り広げられています。厳しい攻撃を受け、業務に負荷がかかっているにもかかわらず、医療機関は、以前に作成された提案依頼書(RFP)や見積依頼書(RFQ)を撤回していません。これは、医療業界が現在の危機を克服し、未来の目標に向かう決意と自信を世界に示しています。

牽引要因:デジタル化とIoTの導入により、不正検知・防止システムの導入率が上昇

世界はデジタル革命の真っ只中にあり、インターネットユーザーは、オンライン検索やソーシャルネットワーキングにとどまらず、オンラインバンキングやオンラインショッピングなどの活動に進出しています。COVID-19期間中のロックダウン規制により、人々は家から出なくなり、多くの人がオンライン取引を採用するようになりました。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)によると、インドなどの都市部のユーザーの70%は、金融商品を購入する際にデジタルの影響を受けており、銀行のアプリケーションを利用し、さまざまなウェブサイトを利用して金融商品を購入しています。IoTや新しいIoT内蔵デバイスが市場で使用されるようになり、消費者のライフスタイルや産業活動において重要な役割を果たすようになってきています。GSMA(Global System of Mobile Communication)は、2020年末までにIoTの接続数が230億に増加すると発表しており、接続された機器が便利であることが、犯罪者がシステムに侵入する機会を与える理由の一つであるとされています。

コネクテッドデバイスは、様々な消費者データを収集、送信、保存するため、プライバシーリスクが生じます。IoTの世界で一般的であり、鬼門とされている2つの大きなIoT詐欺は、広告詐欺とATM詐欺です。サイバー犯罪者により、デビットカードやクレジットカードの偽のアクティベーション、オンライン予約、コロナウイルスの無料検査、求人情報などで人々を狙った詐欺が増加していることから、不正の検出と防止システムの導入が進んでいます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1043977-fraud-detection-prevention-market-by-solution.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 不正の検出と防止(FDP)の市場規模、2026年に534億米ドル到達予測