炭素繊維市場、2021年から2027年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「炭素繊維市場:現状分析と予測(2021年~2027年)」(UnivDatos Market Insights Pvt Ltd)の販売を1月25日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/umi1036498-carbon-fiber-market-current-analysis-forecast.html


市場の概要
世界の炭素繊維市場は、2020年には約40億米ドル規模となりました。2021年から2027年にかけて、市場は約8%のCAGRで成長すると予想されています。炭素排出量を削減するために、各国はそれぞれの気候目標を達成することを約束しています。各国政府は、エネルギーや輸送など様々な分野での炭素排出量を削減するために、様々な対策や取り組みを行っています。環境に優しい持続可能な未来へのシフトは、先進的なカーボン素材への扉を開いています。現在、エネルギー産業では、風力などの再生可能エネルギーへの注目が高まっています。この分野で使用される多くの部品は、軽量かつ高強度の炭素複合材を使用しています。また、自動車業界では、自動車からの排出ガスに関する厳しい規制が行われています。そのため、企業は安全性と性能を維持しつつ、燃費を向上させるために車体を軽量化しています。

炭素繊維は、航空宇宙・防衛、自動車、風力発電、スポーツ、電気・電子、海洋などの分野で使用されています。そのため、炭素繊維の需要はこれらの産業に大きく依存しています。COVID-19の影響で、これらの産業の多くは、操業停止や、ロックダウンや国境閉鎖による原材料の入手不足などの悪影響を受けています。例えば、OICAによると、2020年には自動車の生産台数が16%減少し、炭素繊維でつくられた自動車部品の市場に影響を与えるとしています。

市場の考察
2020年の市場では、原材料の中でポリアクリロニトリル(PAN)カテゴリーが突出したシェアを占めている
タイプ別に見ると、ポリアクリロニトリル(PAN)とピッチに分けられます。両者のうち、PANは、高い熱安定性、低密度、コスト効率、高い抵抗力と弾性率などの重要な特性に加えて、高い歩留まり率により、2020年の市場で大きなシェアを占めています。

トウタイプ別では、レギュラートウ炭素繊維が2020年の市場シェアの大半を占めている
トウタイプに基づいて、市場はレギュラートウとラージカーボントウに二分されます。これらの中で、2020年にはレギュラートウが市場で大きなシェアを占めています。レギュラートウとラージトウの需要は、応用分野によって異なります。レギュラートウの炭素繊維の主な用途は、航空宇宙・防衛、圧力容器、自動車などです。一方、ラージトウの需要は、風車や自動車です。しかし、COVID-19は両方のタイプの炭素繊維にマイナスの影響を与えました。例えば、航空機、自動車、圧力容器の生産量の減少は、レギュラートウの市場に影響を与え、ラージトウは主に自動車の生産量減少の影響を受けました。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/umi1036498-carbon-fiber-market-current-analysis-forecast.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 炭素繊維市場、2021年から2027年にかけて約8%のCAGRで成長見込み