自宅療養者等への往診体制の強化について

~新型コロナウイルスに関する東京都からのお知らせ~

 東京都は、新型コロナウイルス感染症の自宅療養者等への医療支援体制の充実を図るため、感染拡大時に往診等を広域的に行う医療機関により、自宅療養者への往診体制を強化する事業を開始します。
1 概要

往診等を広域的に行う医療機関(以下「往診連携医療機関」という。)を選定し、感染拡大時に、保健所等の依頼に応じて自宅療養者及び高齢者施設等の施設入居者(以下「自宅療養者等」という。)への往診等を実施します。

 

 

2 往診連携医療機関

自宅療養者等への往診等を担当する医師を配置し、高齢者施設等において複数の陽性者が発生した場合や夜間及び休日の往診等にも対応する医療機関

※別紙「往診連携医療機関一覧」のとおり
別紙 https://prtimes.jp/a/?f=d52467-20220117-2775f80a02dc5e13304e923d07632194.pdf

 

 

3 運用開始日

往診体制が整った医療機関から順次運用する。

 

 

4 実施体制

公益社団法人東京都医師会に委託する。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京都 >
  3. 自宅療養者等への往診体制の強化について