プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ぴあ株式会社
会社概要

「さよなら中野サンプラザ音楽祭」出演アーティスト怒涛の追加発表&オリジナルグッズ販売決定! 同ホールにゆかりの深い超豪華アーティスト達が“聖地”に集結! 特別企画のコンサートも続々登場!

ぴあ株式会社

2023年5月〜7月2日、中野サンプラザにて開催される、50年の歴史の集大成となる音楽祭「さよなら中野サンプラザ音楽祭」。豪華出演アーティストを追加発表いたします。

1973年の開業以来、国内外問わず、数多くの様々なジャンルのアーティスト達がコンサートを開催してきた中野サンプラザ。アーティストとファンの双方に“聖地”として深く愛されてきました。開業50年の節目を迎える2023年7月、その歴史に幕を閉じます。深く印象に残る、特徴的なホール大階段など、人々の思い出の詰まった“中野サンプラザ”はこれで見納め。50年の歴史の集大成として、2023年5月〜7月2日という異例の長期間にわたり「さよなら中野サンプラザ音楽祭」が開催されます。中野サンプラザにゆかりのあるアーティストをはじめとして、各ジャンルのトップアーティストたちが中野に集結。日本の音楽史に残る約2か月間となります。

今回ラインナップに追加されるアーティストは、The Birthday×GLIM SPANKY【5月9日】、Reol×女王蜂【5月13日】。くるり×藤巻亮太×Tele【5月28日】、BEGIN【6月18日】、奥田民生【6月23日】。先行して発表された、寿美菜子&豊崎愛生【5月3日】、オーイシマサヨシ【6月1日】。

さらに、多数のアーティストが一堂に会する特別企画のコンサートも続々と開催が決定。5月18日は「さよなら中野サンプラザ メモリーラブソング~永遠の歌謡・シティポップをあなたに~」と題して、稲垣潤一、竹島宏、加藤和樹らが出演。さらに、翌5月19日には「福田こうへいとステキな『演歌男子。』たち ~ありがとう!中野サンプラザ~」のタイトルで、福田こうへい、パク・ジュニョン、徳永ゆうき、辰巳ゆうと、二見颯一、木村徹二が出演。また、7月1日には、「さよなら中野サンプラザ音楽祭~Before the LAST~」と題して、佐藤竹善(SING LIKE TALKING)、ゴスペラーズ、スキマスイッチ、TAKE(Skoop On Somebody)、玉城千春(Kiroro)、宮沢和史が出演します。

そして、6月8日~11日には、Juice=Juice【6月8日】、BEYOOOOONDS【6月9日】、OCHA NORMA &ハロプロ研修生【6月10日・昼】、つばきファクトリー【6月10日・夜】、アンジュルム【6月11日・昼】モーニング娘。'23【6月11日・夜】のハロー!プロジェクトの人気アイドル6組の総出演も決定しました。

さらに「さよなら中野サンプラザ音楽祭」を盛り上げる、オリジナルグッズの販売が決定。こちらの詳細は後日発表いたします。
「さよなら中野サンプラザ音楽祭」は2023年5月~7月2日に中野サンプラザにて開催します。


アーティストから寄せられたコメント
寿美菜子
「何度も立たせてもらった大好きな中野サンプラザ。
さよならしたくないけど、会場に恩返ししたいです☆豊崎愛生ちゃんとだから出来るHappyなステージをお楽しみに♪
中野サンプラザで最高の思い出作りましょう!」

豊崎愛生
「お客さんとしても何度も足を運び、自分自身のファーストコンサート初日の会場でもあった、大好きな中野サンプラザホール。
思い出がいっぱい詰まった場所とさよならするのは寂しいですが、めいっぱいの感謝と愛を込めて最後のステージに立ちたいと思います。
寿美菜子ちゃんとのコラボもお楽しみに!」

GLIM SPANKY・松尾レミ
「やってみたかった中野サンプラザで初めてのThe Birthdayと対バン、とても楽しみです。このステージに立つのも初&悲しいことにこれが最後ですが、リスペクトと愛を込めて熱い夜にします!」

GLIM SPANKY・亀本寛貴
「最初で最後の中野サンプラザをThe Birthdayとの2マンというスペシャルな内容で出来てとても嬉しいです。GLIM SPANKYのロックサウンドを思う存分鳴らそうと思います!」

女王蜂
「とても観易くて、とても演り易い「聖なる場所」」

藤巻亮太
「ロックなサウンドも包容力のあるホールが響かせてくれて、気持ちよくステージに立たせて頂いた会場でした。
印象深いのは「THANK YOU LIVE」という、本来なら3月9日に開催されるはずだったライブのことです。コロナの影響で3度の日程や会場の変更を経て、1年後の5月に中野サンプラザで開催をさせて頂きました。新緑の気持ち良い季節と、明るい兆しの中で開催できたことで、気持ちが前に進むことができ心に深く残っています。
長い歴史に幕を下ろすのは寂しいですが、中野サンプラザの歴史の一つとして歌うことができましたこと、大変光栄に思います。」

稲垣潤一
「デビュー間もない時期、トークは二言三言だけで、手持ち無沙汰感半端なくただひたすら歌いっぱなしでした。
今でも中野サンプラザのステージに立てばあの頃が甦ります。
海外のアーティストのライブも数多くこのホールで観させて頂きました。
1オーディエンスとして、音のいい会場なんだな、といつも感心していました。
こんな良き環境でライブを楽しめるサンプラザが閉鎖されてしまうのは甚だ残念です。
建て替えされても音響的に配慮された空間になりますようお願い致します。
中野サンプラザ、素晴らしい音をありがとう。 」

竹島宏
「50年の歳月、数えきれない程に大勢の人に親しまれ、愛され続けてきた中野サンプラザ。無数の汗と感動の涙が何度も流され、ステージと客席が一体となる瞬間を見つめ続けてきた中野サンプラザ。こんなに大勢の人の人生に関わったホールは、後にも先にも中野サンプラザだけではないでしょうか。
この度、最後のステージに立たせて頂けること、歌手として大変光栄に思うと共に、感謝の気持ちでいっぱいです。精一杯、中野サンプラザへの愛を歌で表現させて頂きます。ありがとうございます。そして、心からお疲れさまです。」

加藤和樹
「中野サンプラザは2011年、5周年「Rock'n Hall tour」をさせていただいた思い出の場所です。音楽好きが集まった思い出の場所がなくなるのは残念ですが、大先輩方とともに中野サンプラザへ「ありがとう」そして「お疲れさまでした」の気持ちを込めてステージをつとめたいとおもいます。 」

パク・ジュニョン
「中野サンプラザは僕が単独コンサートをやりたかったコンサートの会場の一つの場所でした。」

辰巳ゆうと
「同じ事務所の先輩方の公演を見させていただいて、何度も客席で感動、興奮をいただいた場所です。自分もいつか中野サンプラザで単独コンサートを行わせていただくのが、自分の夢の一つでもあり、憧れの場所でした。残念ながらその夢を叶えることはできませんでしたが、今回の音楽祭で歴史あるステージに立つことができ、とても光栄に思います!数々の奏でられた音楽の歴史を感じながら、一曲一曲を大切に歌わせていただきたいと思います。」

木村徹二
「僕が初めて中野サンプラザに訪れたのは、幼少期に父のステージを見に行った時。
父が楽屋からステージまで歩いていく後ろを付いて行き、ステージ袖から父の歌唱とトークをジッと聞いていたのを覚えています。
それから20年近くが経ち、僕は1人の演歌歌手として昨年10月に中野サンプラザのステージに立たせてもらいました。感無量でした。
思えばその経験が、今現在の礎となっている気がします。
50年間、本当にお疲れ様でした。」

 オーイシマサヨシ
「いま「さよなら中野サンプラザホール」という文字を打ちながら涙が出そうになっております。それくらい自分にとって思い入れのあるホール。オーイシマサヨシとして悔いの残らない最高のパフォーマンスをお届けしたいと思います!ぜひ会場にお越しください! 」

BEGIN
「僕らにとって「中野サンプラザホール」は相変わらず敷居が高いです。
2000人を超えるお客さんなんて想像も出来ませんでした。
幸運が重なりセカンドツアーでステージに立たせて頂きました。同じ石垣島出身の友達をゲストに迎えてデュエットしたのですが彼女が小さく震えていて、それが連鎖しながら大きくなり、、、。
2004年にはテイチクレコードの70周年記念ライブで大御所歌手の方々のバックバンドを務めた事もありました。
思い返すと今でも悪夢に変わりそうな思い出ばかり、、、そんな気分にさせる会場の雰囲気が数々の伝説を生んだのかもしれませんね。
バンド名はBEGINなのに、また見送る立場です。
せめて南国の風を手土産に。」

奥田民生
「ラウドネスを一番後ろの席でみて
音でかすぎて後ろの壁にはりつきました
大きさがとにかくちょうど良かった
次はどうなる?」

公演名:「さよなら中野サンプラザ音楽祭」
開催期間:2023年5月~7月2日
会場:中野サンプラザ(東京)
公演日時・出演者/公演タイトル:
5月3日 寿美菜子&豊崎愛生
5月4日 大橋彩香
5月5日 May'n
5月6日 上坂すみれ
5月7日 Original Entertainment Paradise -おれパラ-
5月9日 The Birthday×GLIM SPANKY
5月11日 スターダスト☆レビュー×怒髪天
5月12日 東京スカパラダイスオーケストラ×クリープハイプ
5月13日 Reol×女王蜂
5月14日 Lead
5月18日「さよなら中野サンプラザ メモリーラブソング~永遠の歌謡・シティポップをあなたに~」稲垣潤一、竹島宏、加藤和樹 他
5月19日「福田こうへいとステキな『演歌男子。』たち ~ありがとう!中野サンプラザ~」福田こうへい、パク・ジュニョン、徳永ゆうき、辰巳ゆうと、二見颯一、木村徹二
5月25日 でんぱ組.inc×バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI×虹のコンキスタドール
5月27日 ストレイテナー
5月28日 くるり×藤巻亮太×Tele
6月1日 オーイシマサヨシ
6月2日 TRUE
6月3日 逢田梨香子
6月4日 Ave Mujica
6月8日 Juice=Juice
6月9日 BEYOOOOONDS
6月10日昼 OCHA NORMA&ハロプロ研修生 / 6月10日夜 つばきファクトリー
6月11日昼 アンジュルム / 6月11日夜 モーニング娘。'23
6月17日 Awesome City Club
6月18日 BEGIN
6月23日 奥田民生
6月24日 BRAHMAN
6月25日 サンボマスター×銀杏BOYZ
7月1日 「さよなら中野サンプラザ音楽祭~Before the LAST~」佐藤竹善(SING LIKE TALKING)、ゴスペラーズ、スキマスイッチ、TAKE(Skoop On Somebody)、玉城千春(Kiroro)、宮沢和史

特別協力:中野区、株式会社中野サンプラザ 
協力:中野サンモール商店街振興組合、中野ブロードウェイ商店街振興組合 
特別協賛:コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社  
協賛:野村不動産株式会社、東急不動産株式会社、住友商事株式会社、ヒューリック株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、日本郵政不動産株式会社、大同生命保険株式会社 
ラジオ後援:TOKYO FM、J-WAVE、文化放送、ニッポン放送 
主催:「さよなら中野サンプラザ音楽祭」実行委員会


*詳細およびチケット発売情報は公式サイトをご覧ください。

チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/sayonara-sunplaza/


■公式サイト:https://sayonaranakanosunplaza.com
■公式Twitter:@‎sayonarasunpla ■公式Instagram:@sayonarasunpla
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
音楽漫画・アニメ
位置情報
東京都中野区イベント会場
関連リンク
https://sayonaranakanosunplaza.com
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ぴあ株式会社

285フォロワー

RSS
URL
http://corporate.pia.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
電話番号
03-5772-5200
代表者名
矢内 廣
上場
東証1部
資本金
59億2400万円
設立
1974年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード