世界の口腔ケア/口腔衛生市場―2030年末までに511憶米ドルに達すると予測

Kenneth Researchは、世界の口腔ケア/口腔衛生市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年12月 13日 に発刊しました。これは、世界の口腔ケア/口腔衛生市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059343
世界の口腔ケア/口腔衛生市場は、2022年に339憶米ドルの市場価値から2030年末までに511憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に6%のCAGRで拡大すると予測されます。

 

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-oral-careoral-hygiene-market/10059343

市場の成長は、歯科疾患の発生率の上昇、世界規模での歯科医の数の増加、およびオーラルケア製品の技術的進歩によって推進されています。一方、オーラルケア市場の製品リコールは市場の成長を抑制すると予想されます。さらに、歯のホワイトニング製品の悪影響は、この市場の成長に大きな課題をもたらします。

歯科疾患の発生率の上昇
さまざまな歯科疾患の世界的な負担が指数関数的に増加しており、さまざまなオーラルケア製品の採用が増えると予測されます。虫歯(虫歯)と歯周病(歯周病)は、世界中で最も蔓延している慢性疾患であり、世界の主要な公衆衛生上の課題となっています。齲蝕の治療は費用がかかり、先進国が負担する医療費の約5〜10%を占めています(出典:WHO)。2018年に米国疾病予防管理センター(CDC)が実施した調査によると、2015年から2018年にかけて、未治療の虫歯の合計割合は13.2%(5〜14歳)および25.9%(20〜44歳)でした。

FDI世界歯科連盟によると、虫歯の有病率は若い人口で著しく高いです。6〜19歳の虫歯の有病率は、北米とヨーロッパの先進国で高くなっています(60% to 80%) 。インド、ブラジル、メキシコなどの発展途上国では、その有病率は80%を超えています。虫歯やその他の歯周病の発生率が高いことは、オーラルケア製品の需要を促進する重要な要因です。

オンライン購入とeコマースの上昇傾向
近年、オーラルケア製品の流通チャネルのトレンドは著しく変化しています。オンライン小売業者は、従来の流通業者、小売業者、薬局よりも徐々に好まれています。これらのオンライン小売業者は、魅力的な価格で幅広いオーラルケア製品を提供しています。オンライン購入の増加傾向は、世界で48億人(2021年7月現在)に達したインターネットユーザーの増加によって支えられています(出典:Kepios)。Miniwatts Marketing Groupによると、2019年6月の時点で、オーラルケア製品はオンラインポータルで注文されたパーソナルケア製品の13%を占めています。さらに、eコマースポータルを介してオーラルケア製品を購入すると、比較的低価格でのマルチブランドオーラルケア製品の入手可能性、購入の容易さ、送料無料など、いくつかの利点があります。COVID-19シナリオは、オーラルケア製品のオンライン配布を大幅に促進しました。パンデミックのシナリオで実施された封鎖および検疫措置により、消費者はますます電子商取引およびオンラインチャネルに移行してオーラルケア製品を購入するようになっています。したがって、この1年間で、オンライン配信モードがさらに成長しました。

世界の口腔ケア/口腔衛生市場における主要企業
世界の口腔ケア/口腔衛生市場における業界のリーダーは、Colgate-Palmolive Company, Procter & Gamble, GlaxoSmithKline plc, Koninklijke Philips N.V., Johnson & Johnson, Unilever plc, GC Corporation , 3M Company (US), Lion Corporation, Church & Dwight Co, Inc,  Sunstar Suisse S.A., Perrigo Company plc, Dabur India Ltd., Orkla, Dentaid Ltd., Henkel AG & Co. KGaA, LG Household & Health Care, Ltd.,  Kao Corporation, Himalaya Wellness Company, Young Innovations, Inc., Ultradent Products, Inc., Hain Celestial Group (Jason Natural products, Inc.), Supersmile, CloSYS, and Hawley & Hazel (BVI) Co. Ltd.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

アジア太平洋地域は2020年に41%のシェアで市場を支配します。また、予測期間中に最も急成長している地域市場になると予想されます。これは、地域の人々の歯科衛生と全体的な口腔衛生に対する意識の高まりに起因する可能性があります。また、インドなどの国々は虫歯の有病率が高く、アジア太平洋市場の成長を促進することが予測されています。

米国などの先進国では、可処分所得が高いため、電動歯ブラシやその他の新しい歯科用ケア製品など、新しく開発されたオーラルケア製品を好むようになっています。これは、2020年の北米市場の収益の大部分につながります。さらに、米国に資格のある歯科衛生士がいることで、これらの製品の需要が高まると予想されます。

世界の口腔ケア/口腔衛生市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
世界の口腔ケア/口腔衛生市場のセグメンテーション概要
レポートは、製品別(歯ブラシ(手動、電気、バッテリー)、歯磨き粉(ペースト、ジェル、パウダー、ポリッシュ)、ブレスフレッシュナー、リンス)、流通チャネル別(消費者店、小売薬局、eコマース)、および地域別などによってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059343

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の口腔ケア/口腔衛生市場―2030年末までに511憶米ドルに達すると予測