Amazon書籍【ビジネスとIT】カテゴリーで1位獲得!『できるUiPath 実践RPA』が好評につき、たちまち重版決定!

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)が出版する『できるUiPath 実践RPA』が、アマゾン書籍ストア【ビジネスとIT】カテゴリーで2019年2月14日に1位を獲得。発売後1週間で緊急重版を決定しました。


生産性向上や働き方改革の観点からも注目されるRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)。RPA製品の中でも日本国内で800社、世界2,700社以上の導入実績(2019年1月時点)を持つRPAツールである「UiPath」の実践的な活用ガイドブックとして、『できるUiPath 実践RPA』を2019年2月7日に発売しました。発売後1週間の2019年2月14日には、アマゾン書籍ストア【ビジネスとIT】カテゴリーにおいて1位を獲得したほか、各書店でも順調に販売が推移し、この度緊急重版を決定いたしました。

■『できるUiPath 実践RPA』の概要
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)をより具体的に理解するならこの1冊! 本書ではその概念だけなく、実際にUiPathのRPAサービスを使用し、RPAアプリのダウンロードから丁寧に解説。RPAのワークフローを作るための基本操作から、操作をレコーディングして実際に業務をRPA化するまでの流れを解説します。

UiPathの日本法人であるUiPath株式会社の監修の元制作された本書は、ステップバイステップで操作を試しながら学ぶことができるため理解がしやすく、より実践的な内容に仕上がっています。Excelやメール、Webアプリを使った連携はもちろん、日時や日付の処理、エラーが発生したときの対処、マクロの組み込みなど、RPAの操作に役立つテクニックを満載。また、REST APIやJSONの活用、リトライスコープ、ダウンロードの詳細処理など、さらなる上級テクニックも掲載しています。請求書の作成や受注管理、経費精算など、各種業務をRPA化する際に最適な解説書です。
 


収録レッスンの例
レッスン1……RPAとは <RPAの概要>
レッスン2……UiPathを始めよう <UiPathの概要とインストール>
レッスン8……経費入力業務を分析し、自動化してみよう <経理業務の自動化>
レッスン14……画面の値や文字から処理を分岐させるには <条件分岐とフロー条件分岐>
レッスン16……処理が終わったファイルをフォルダーに移動するには <ファイルの移動>
レッスン21……Excelのマクロを実行するには <マクロを実行>
レッスン22……ExcelのデータをWebアプリに入力するには <Excelデータからの入力>
レッスン25……Webページから表データを読み取るには <データスクレイピング>
レッスン29……目印の画像の近くをクリックするには <Ctrix>
レッスン32……失敗する可能性がある処理を実行するには <リトライスコープ>
レッスン35……西暦から和暦へ変更するには <変数とインスタンス>
レッスン36……ファイルが更新・追加されたことを検知するには <イベントを監視>
レッスン38……外部のWebサービスと連携させるには <REST APIとJSONの活用>

■書誌情報

書名:できるUiPath 実践RPA
著者:清水理史&できるシリーズ編集部
価格:本体2,000円+税
発売日:2019年2月7日(木)
ページ数:196ページ
ISBN:978-4-295-00567-4
◇Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4295005673/
◇書誌情報:https://book.impress.co.jp/books/1118101133
◇書影ダウンロード:https://www.impress.co.jp/pr/img/9784295005674.jpg

◇目次
第1章 UiPath RPAの基本を学ぼう
第2章 RPAをもっと使いこなそう
第3章 Excelと連携しよう
第4章 メールやWebサイトと連携しよう
第5章 より高度なテクニックを使おう

■著者プロフィール
清水 理史(しみず まさし)
1971年東京都出身のフリーライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆。「INTERNET Watch」にて「イニシャルB」を連載中。主な著書に『できるパソコンのお引っ越し Windows 7からWindows 10に乗り換えるために読む本』『できるポケット スッキリ解決 仕事に差がつく パソコン最速テクニック』『できるWindows 10 改訂4版』『できるWindows 10 活用編』『できるゼロから始めるAndroid スマートフォン超入門 改訂3版』(インプレス)などがある

■できるシリーズについて
https://dekiru.net
「できる」シリーズは、画面写真をふんだんに使い、操作の流れを紙面に再現した入門書の元祖です。操作に必要な「すべての画面」と「すべての手順」を紙面に掲載しているので、パソコンやインターネットの操作に不慣れな方でも簡単に操作や知識を身に付けられます。楽しみながら操作を学べるように、各レッスンにストーリー性を持たせ、章ごとに知識が身に付く構成になっています。おかげさまで「できる」シリーズは、シリーズ累計7,500万部を突破しました。

以上

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インプレスホールディングス >
  3. Amazon書籍【ビジネスとIT】カテゴリーで1位獲得!『できるUiPath 実践RPA』が好評につき、たちまち重版決定!