籐家具市場、ヨーロッパでの需要が市場を牽引

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「籐家具の世界市場:成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)」(Mordor Intelligence Pvt Ltd)の販売を2022年1月27日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/moi1034239-rattan-furniture-market-growth-trends-covid-impact.html


市場概要
籐家具市場は、中国、インド、日本などのアジア諸国や、ガーナ、ナイジェリア、カメルーンなどのアフリカ諸国が籐の栽培を推進していることから、籐家具の製造は主にアジア諸国が行っており、アジア・太平洋地域が最大の市場となっています。また、経済的に安価な製品は欧米諸国にも輸出され、ヨーロッパでの需要が市場を牽引しています。籐の栽培は、農村社会から貧困を撲滅するための経済的に実行可能な手段を提供し、人々の生活を維持・支援するのに役立っています。

籐は、木材よりも収穫や輸送が容易で、比較的安価であるため、ますます好ましい選択となりつつあります。また、もともと水に強く、耐久性にも優れています。そのため、家具やシェルター、手工芸品などの用途で、籐を持続的に使用することができます。また、籐は床材、炭、マット/スクリーン、織物製品の製造にも使用されています。このような幅広い用途が籐製品の売上を押し上げ、結果として予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。
しかし、家具、床材、パルプ・紙などの籐加工品の加工に有害化学物質が使用されていることから、厳しい法規制の導入や実施が進んでいます。このような規制の導入は、籐製品の長期的な供給、コスト、販売に悪影響を与える可能性があります。これらの要因は、予測期間中の市場成長の妨げとなることが予想されます。
コロナウイルスの大流行は、籐家具の製造、輸送、販売に大きな打撃を与えました。インドネシアや中国からの籐材の輸出が減少し、欧米諸国やアジア諸国での製造が停止し、籐家具市場に大きな影響を与えました。しかし、世界的な建築物の増加や市場の開放により、籐家具市場は再び軌道に乗り、予測期間中は通常のペースで市場が成長するものと思われます。
主な市場動向
籐家具市場の成長を見守る中国
中国は籐製品の最大の生産国であり、次いでインドネシアが5種類の籐材を生産しているため、屋外用の籐家具が非常に豊富です。また、フィリピン、ベトナム、シンガポールなどでも生産されており、アジア太平洋地域が主な市場となっています。また、安価で本格的な籐家具は、欧米諸国をはじめ世界各国に輸出されており、籐家具市場の拡大につながっています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/moi1034239-rattan-furniture-market-growth-trends-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 籐家具市場、ヨーロッパでの需要が市場を牽引