LINE家計簿、LINEクーポンと連携し、家計簿につけた情報を元にクーポンを表示する「クーポン表示機能」を提供開始

LINE Pay株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:長福 久弘)が提供する家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」は、LINEクーポンと連携し、「LINE家計簿」につけたレシート情報を元にクーポンを表示する「クーポン表示機能」の提供を開始しましたので、お知らせいたします。

「LINE家計簿」は、「楽しくつづける。楽しくたまる。」をコンセプトに、2018年11月にサービスを開始。家計簿をつけたことのないユーザーや、これまでなかなか家計簿が続かなかったユーザーでも「LINE」上で簡単に収支の記入・管理ができ、賢く効率的な貯蓄を可能にする、完全無料の個人向けの家計簿・資産管理サービスです。2020年9月には登録ユーザー数が600万人を突破いたしました。

■クーポン表示機能について
「LINE家計簿」では、アプリ版の機能としてレシート読み込み機能を提供している他、2020年7月より、「LINE家計簿」のLINE公式アカウントのトーク画面からレシートの画像を送るだけで、支出を自動的に「LINE家計簿」へ反映する「レシート読み取り機能」など、レシートによる入力機能を強化してまいりました。

この度、「LINE家計簿」では、今まで以上に、楽しみながら、家計簿をつけてもらいたいという思いから、LINEクーポンと連携し、レシート情報を元に、クーポンを表示する「クーポン表示機能」の提供を開始いたします。レシートを使って、家計簿を入力すると、レシートに記載のある店名を元に、ユーザーに最適化されたクーポンが「LINE家計簿」のホーム画面上に表示もしくは、「LINE家計簿」のLINE公式アカウントからクーポンが通知されます。家計簿で家計管理をしながら、クーポンを活用してお得なお買い物ができ、家計の節約にも繋がります。

※「LINE家計簿」LINE公式アカウント友だち追加はこちら:https://line.me/R/ti/p/%40line_kakeibo_jp

■クーポン機能の特長
1.「LINEクーポン」と連携、レシート入力した情報からお得なクーポンを獲得

「LINE家計簿」のアプリ版のレシート読み込み機能及び、トーク入力機能の「レシート読み取り機能」で、家計簿をつけると、レシートに記載のある店名を元に、ユーザーに最適化されたクーポンを表示いたします。本機能はLINEクーポンと連携しており、表示されるクーポンは「LINEクーポン」に掲載されているクーポンとなります。日々利用するお店のクーポンや近くのお店のクーポンを活用することで、支出を抑えた家計管理が可能となります。

2.アプリ版のホーム画面からもクーポンの確認が可能
クーポンは、「LINE家計簿」のLINE公式アカウントから通知される他、「LINE家計簿」のアプリ版のホーム画面からも確認することができます。なお、公式アカウントからのクーポンの通知は、レシートを添付した際に通知されます。日々の家計管理をしながら、自分に最適化されたクーポンを確認することができます。

3.楽しみながら、お得に家計簿をつけることができる
レシートで手軽に家計簿をつけて、家計管理をしながら、自分にあったクーポンが表示されるので、「LINE家計簿」を日々利用してきたユーザーから今までなかなか家計簿が続かなかったユーザーでも、楽しみながら、お得に家計簿サービスを利用することができます。

「LINE家計簿」は、今後も「楽しくつづける。楽しくたまる。」のコンセプトの元、引き続きサービス改善、拡充をしてまいります。

■LINEクーポンについて
「LINEクーポン」は「LINE」アプリ内「ウォレット」画面や公式アカウントなどから開く事ができ、全国の飲食店やコンビニ、デリバリー、スーパー、ドラッグストア、家電量販店などで使える最新クーポンを手軽に検索できるサービスです。検索して気になったクーポンはお気に入り画面で一括管理でき、使う時にすぐに画面を表示する事ができます。使い方は非常に簡単、店頭でクーポン画面をお支払い時に見せるだけでクーポン金額が値引きされます。LINEクーポンはどんなお支払いの時でも使えるクーポンが中心でLINE Pay決済だけでなく、現金やクレジットカードのお支払い、その他、どんなお支払いの時でも使う事ができ、何度も使う事ができます。日々のスキマ時間に「LINEクーポン」からすぐに使えるクーポン情報を手軽に入手して、毎日お得な生活をお送りください。

■LINE家計簿について
「LINE家計簿」は、アプリ版(iPhone・Android対応)と「LINE」の「ウォレット」タブからアクセスできるLINE版の2種類を提供しております。アプリ版では、銀行やLINE Payなどの金融サービスと連携でき、それらの情報を一括して管理し、家計簿を自動作成することができるほか、レシートを撮影すると自動で支出が入力できます。LINE版は、「LINE」からすぐに起動でき、収支の記録や連携した金融サービスの情報を確認することが可能です。「LINE家計簿」のLINE公式アカウントのトーク画面から品目と金額を入力するだけで、支出が反映される「トーク入力」機能やトーク画面からレシート画像を送るだけで 簡単に支出入力できる「レシート読み取り」機能などLINEらしい家計簿サービスを提供しております。

■アプリ概要
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2018年11月12日
価格:無料
開発・運営:LINE Pay株式会社
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id1417622982
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linepaycorp.pfms
公式Twitter: https://Twitter.com/LINE_Kakeibo
公式ブログ:http://kakeibo-blog.line.me/

【LINE Pay 株式会社 概要(2020年3月時点)】
社名:LINE Pay株式会社
本社所在地:東京都品川区西品川 1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22 階
代表者:代表取締役社長CEO 長福 久弘
資本金:21,100 百万円
設立:2014 年 5 月 9 日
主な事業内容:電子マネーその他の電子的価値情報及び前払式支払手段の発行、販売並びに管理、電子決済システムの提供及び資金移動業、「LINE公式アカウント」の販売・運営、「LINE家計簿」の運営、サービス開発事業、広告代理事業

LINE Pay株式会社では、下記の協会への加入および事業者登録を行っております。
・前払式支払手段(第三者型)発行者 (登録番号:関東財務局長00669号 / 登録日:2014年10月1日)
・資金移動業者 (登録番号:関東財務局長00036号/ 登録日:2014年10月1日)
・一般社団法人日本資金決済業協会 ( http://www.s-kessai.jp/  /入会日:2014年8月6日)
・電子決済等代行業者 (登録番号:関東財務局長(電代)第 10 号 / 登録日:2018 年12 月 20 日)
・クレジットカード番号等取扱契約締結事業者(登録番号:関東(ク)第80号/登録日:2019年4月1日)
・一般社団法人日本クレジット協会( https://www.j-credit.or.jp/ /入会日:2019年4月1日)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINE家計簿、LINEクーポンと連携し、家計簿につけた情報を元にクーポンを表示する「クーポン表示機能」を提供開始