【JAF長野】「高沢グループ2019大感謝祭」にJAFブースを出展します

4種類の体験コーナーで、来場者に向け交通安全啓発!

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)長野支部(支部長 宇都宮進一)は、8月24日(土)・
25日(日)の2日間、長野市オリンピック記念アリーナ エムウェーブ(長野県長野市北長池)で開催される『高沢グループ2019大感謝祭』にブースを出展いたします。
高沢グループ2019大感謝祭
長野市に本拠を置く高沢産業株式会社を中核とする高沢グループが主催し、地域の方々に日頃の感謝の思いを込めて開催する総合展示会。2013年に第1回を開催し、今回で7回目の開催となります。

 昨年の開催では、暮らしやビジネスに役立つ120のブースが出展し、18,000人もの来場がありました。JAFが出展するブースでは、イベントで大人気の「子ども安全免許証」の発行や、時速5kmの衝撃体験「シートベルトコンビンサー」等、4種類の体験コーナーを通じ家族で交通安全について考えていただくことを目的としています。(写真上:昨年度・子ども安全免許証発行の様子  下:シートベルトコンビンサー体験の様子)
 

 


 また、当ブースではJAFオリジナルトミカ「JAFレッカー車」の販売を行います。店頭では買うことができないトミカをこの機会にお買い求めいただくことができます。※お一人様一個の販売です ※在庫がなくなり次第終了
 

 



 そして、JAFでは、毎年アンケート調査等により自動車ユーザーの意見を集め、「自動車税制改正に関する要望書」を取り纏め、全国の国会議員をはじめ政府、関係省庁、自治体へ要望活動を行っています。当イベントにおいてもご来場いただいた方からクルマの税金に関する意見や要望を広く集める活動を行います。(24日(土)のみ実施)

 

 

 

 


JAFブース詳細
【日 時】8月24日 10:00~17:00
     8月25日 10:00~16:00
【料 金】無料(高沢大感謝祭入場料無料)
     JAFオリジナルトミカ 【JAF会員:800円 / 一般:850円】
 
【体験コーナー】
1.子ども安全免許証 ・・・交通安全クイズに答えて作成できる運転免許証そっくりのカード
2.シートベルトコンビンサー ・・・シートベルトの重要性を再認識できる時速5kmの衝撃疑似体験車
3.リフレクBOX ・・・反射材の効果および自動車のヘッドライトによる見え方の違いを体験できるボックス
4.飲酒体験ゴーグル ・・・飲酒時の視界を疑似体験することで飲酒運転の危険さを認識することが可能
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF長野】「高沢グループ2019大感謝祭」にJAFブースを出展します