『村上RADIO特別版 戦争をやめさせるための音楽』第59回ギャラクシー賞 ラジオ部門 優秀賞を受賞!

TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで2022年3月18日(金)23時00分~23時55分に放送した、作家・村上春樹がディスクジョッキーをつとめる番組『村上RADIO特別版 戦争をやめさせるための音楽』が、この度「第59回ギャラクシー賞 ラジオ部門」において優秀賞を受賞しました。

この番組は、TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで、毎月放送している『村上RADIO』の特別版で、社会情勢を受け、作家・村上春樹が音楽に祈りをこめて届けた緊急特別番組です。これまでの歴史の中でミュージシャンたちがプロテスト・ソングとして声を上げた反戦歌だけではなく、命の尊さや愛の大切さを歌詞に込めた楽曲を選曲。背景となった社会情勢や、ミュージシャンの強い思いを踏まえながら、村上春樹自らが歌詞も翻訳し、解説します。若者たちが傷ついてきた戦争の歴史を再び繰り返さないために、ミュージシャンたちが音楽に託したメッセージを、村上春樹があらためて紡ぎました。放送終了後には全編の英訳を番組サイトに掲載。世界に向け、メッセージを発信しました。

【放送概要】
『村上RADIO特別版 戦争をやめさせるための音楽』
◆放送日時: 2022年3月18日(金)23:00~23:55
◆放送局: TOKYO FM/JFN全国38局フルネット
◆パーソナリティ: 村上春樹
◆スタッフ
プロデューサー:延江浩、増山麗央(いずれもTOKYO FM)
ディレクター:木村尚志(サウンズネクスト)
構成:小林浩子(フリー)
AD:桜田あかり(サウンズネクスト)

【『村上RADIO』とは】
作家・村上春樹がラジオDJに挑戦し、自ら選曲も担当する月1プログラム。
◆『村上RADIO』番組ホームページ: https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

 

TOKYO FMゼネラルプロデューサー 延江浩からのコメント
「音楽に戦争をやめさせるだけの力があるのか?
正直言って、残念ながら音楽にはそういう力はないと思います。でも聴く人に「戦争をやめさせなくちゃならない」という気持ちを起こさせる力はあります。」
という村上春樹さん。
この番組を聞いた誰かが、少しでも戦争をやめたいと思ってもらえればと制作しました。
ウクライナから他国に避難された方々は600万人を超えました。ラジオは、600万分の1人のことを想い、放送を続けています。
番組の中で、村上春樹さんはウクライナにもロシアにも触れていません。
1人ひとりの人生、悲しみに寄り添う番組をこれからも、作りたいと思います。



審査講評

今年2月24日に始まったロシアのウクライナ侵攻を受け、作家の村上春樹さんは、急遽、反戦や命の大切さを伝える音楽で戦争の停止と平和を呼びかけようと特番を企画、3月18日に放送しました。村上さんは自ら所蔵するレコードのなかから選んだ楽曲を、歌詞の意味や当時の社会情勢とともに紹介し、若者に命の大切さを伝えるとともに、「年寄りが勝手に始めた戦争で若い人が命を落とすというのは、本当に悲しむべきことだ」と反戦の想いを語りました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TOKYO FM >
  3. 『村上RADIO特別版 戦争をやめさせるための音楽』第59回ギャラクシー賞 ラジオ部門 優秀賞を受賞!