シンガーソングライター大塚 愛が小説家デビュー!

「さくらんぼ」や「プラネタリウム」など数々のヒット曲を発表してきた
シンガーソングライターの大塚 愛さんが、8月21日(金)に講談社より発行される
「小説現代」2020年9月号に、自身初となる小説を寄稿。
異色のホラー短編「開けちゃいけないんだよ」を書き下ろします。

祖母の家で起きる奇妙な出来事の数々。
開けてはいけないものほど、開けたくなってしまう。
地下室のアルミシートに覆われたもの……そこにはーー。

これまで『ネコが見つけた赤い風船』(2010年)、『ネコがスキになったキライなネコ』(2012年)
(ともに講談社)2冊の絵本を出版。音楽活動を中心に、イラストや油絵など
マルチな才能を発揮されています。

本作が収録される「小説現代」2020年9月号には、
小説に加え、執筆秘話を収録した特別インタビューも掲載いたします。
 

大塚 愛 プロフィール
82年大阪府生まれ。シンガーソングライター。
「さくらんぼ」など多数のヒット曲を手がけるほか、楽曲提供や絵本制作、
イラストレーションなどマルチに活躍。
最新作は、ライブでのピアノ弾き語り音源を集めたアルバム「Aio Piano Arioso」。
 

■書誌情報
・タイトル:「開けちゃいけないんだよ」
・掲載媒体:小説現代2020年9月号
・発売日:8月21日(金)発売
・価格:1,000円(税込)
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. シンガーソングライター大塚 愛が小説家デビュー!