林家たい平のライフワークともいえる人情噺「芝浜」を収録した2枚組CDを2022年11月23日発売。同日配信スタートも。

全国各地の落語会、テレビ番組「笑点」をはじめ多くのメディアでも大活躍の林家たい平。
“たい平落語”CDとして6年ぶりとなる今作は、円熟の域の「芝浜」に加え、独自の演出に思わず爆笑の「死神」、そして哀愁溢れる「喜びを作る男」の3席をたっぷり収録している。
まずはこのCDをご堪能いただきたい。

そしてもちろん今年も12月23日(金)に林家たい平独演会「26年目の芝浜」がある。
「芝浜」は2004年、たい平のコロムビア初CDに収録されてから20年近くを経て大きく変わった。どう変わったのか。
そんな今のたい平の「芝浜」は是非ともライブでその高座、息遣いをご体感いただきたい。

林家たい平ご挨拶
いつも林家たい平の落語CDを聴いてくださいまして、誠にありがとうございます。
このところしばらく新しいCDを作っておりませんでした。と申しましても落語会には忙しく全国を駆け回り、落語の楽しさを広めようと日夜頑張ってはおりましたよ。でも、やはり私自身がおうかがい出来ない場面も実際はたくさんございます。おまけにこの数年は社会全体がなかなか思うように回っていない場面もあり、人がたくさん集まることへの多少の気遣いがあったのも現実でした。
というわけで、やはり新たなCDを作って全国の人たちに楽しんでいただきたいと思い、作らせていただきました。
なんと今回は2枚組です。しかも収録させていただいた演目「芝浜」は日本コロムビアから発表した、記念すべき私の第1作目のCD演目でもあるのです。同じ演目?と不思議に思うそこのお客様、落語は日々進化するものなんです。当然20年近く前の演じ方とは大きく変わっているのです。そんなところもぜひこのCDで楽しんでいただければ嬉しいと思っております。
同じく収録いたしました「死神」も落語ファンの方々をちょっと驚かせてしまいます。他の落語家さんとはちょっと違うアプローチをいたしました。
また「喜びを作る男」は私と父との物語であります。
いずれの噺も林家たい平の“今”を聴いていただき、落語の楽しさに触れていただけるものと思っております。
このCDで落語の楽しさを味わいましたら、今度は生の落語会にも足を運んでいただければ幸いです。
*林家たい平コロムビアサイトに動画コメントあり

 


商品タイトル:林家たい平落語集 たい平落語 芝浜/死神/喜びを作る男
発売日:2022年11月23日発売
商品番号:COCJ-41927-8(2枚組)
価格:¥3,300 (税抜価格 ¥3,000)

【収録演目】
Disc.1
1.    死神 [35分36秒]
2022年7月6日なかのZERO 小ホール
「中野のオトコⅣ」より

2.   喜びを作る男 [14分38秒]
2019年12月8日 横浜にぎわい座
「天下たい平 VOL.96」より

Disc.2
1.   芝浜 [50分36秒]
2021年12月14日 池袋・東京芸術劇場 プレイハウス
「25年目の芝浜の会」より

『林家たい平独演会 26年目の芝浜』
会場:東京芸術劇場 プレイハウス
期日:12/23(金) 開演:19時
詳細は林家たい平オフィシャルページまで

なお今作品の発表に合わせて、いくつかのコロムビア落語作品も同日配信決定。
「林家たい平落語集 たい平落語 ぞろぞろ/金明竹/千両みかん」
「柳家喬太郎落語集 アナザーサイド 二廃人/サソリのうた」
「三遊亭歌武蔵 大落語集 鹿政談/甲府い」
「桃月庵白酒落語集 花筏/明烏」
「三遊亭兼好落語集 噺し問屋 七段目/お菊の皿」(*12月7日配信開始)

日本コロムビア林家たい平サイト:https://columbia.jp/artist-info/taihei/
林家たい平オフィシャルページ:https://www.hayashiya-taihei.com/
林家たい平オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/tai-hey/
林家たい平落語集 たい平落語 芝浜/死神/喜びを作る男 
配信サイトまとめ:https://va.lnk.to/taiheishibahama

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コロムビア株式会社 >
  3. 林家たい平のライフワークともいえる人情噺「芝浜」を収録した2枚組CDを2022年11月23日発売。同日配信スタートも。