グローバルペプチド合成サービス産業市場調査-2022-2030年の予測期間中に12%のCAGRで拡大すると予測

Kenneth Researchは、グローバルペプチド合成サービス産業市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年01月 12日 に発刊しました。これは、グローバルペプチド合成サービス産業市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151870
グローバルペプチド合成サービス産業市場は、2022年に448百万米ドルの市場価値から2030年末までに990百万米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に12%のCAGRで拡大すると予測されます。

ペプチド分子は、ヘルスケアおよび栄養業界で大きな牽引力を獲得しており、望ましいペプチド生産/合成を実行するためにいくつかの技術的進歩がもたらされています。この傾向は、酵素的および化学的ペプチド合成に関して観察されています。化学合成は、ペプチド生産に使用される従来の最も広く使用されている技術であると考えられています。しかし、特異性の欠如と環境負荷の増加のリスクは、化学ペプチド合成の成長を妨げるように設定されています。これは、ペプチド合成のための酵素技術の採用を推進しました。

この技術に関連する欠点には、生産性の低下、高価な生体触媒、および酵素法によるペプチドの効果的な生産に課題を課している検証プロトコルの欠如が含まれます。適切なペプチド合成技術の開発に焦点を当てた広範な研究と革新(両方の技術の利点を相乗的に利用できる)により、酵素合成と化学合成の両方を含むコンビナトリアルアプローチが実現しました。

前立腺癌やその他の症状の治療に使用されるアッヴィのペプチドベースの薬剤であるリュープロレリンは、2020年の世界売上高が752 百万米ドルを超えました。さらに、サノフィのランタスは2017年に70億米ドルの収益を超えました。現在、市場には80を超えるFDA承認のペプチド薬があります。この数は、臨床試験で約140のペプチド薬、前臨床生産で500を超える治療用ペプチドで劇的に増加すると予想されます。

グローバルペプチド合成サービス産業市場のセグメンテーション概要

レポートは、製品別(機器、試薬および消耗品、その他)、テクノロジー別(固相ペプチド合成(SPPS)、液相ペプチド合成(LPPS)、およびハイブリッドテクノロジー)などによってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。



[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/peptide-synthesis-service-industry-market/10151870

グローバルペプチド合成サービス産業市場におけるキープレイヤー

グローバルペプチド合成サービス産業市場における業界のリーダーは、Genscript Biotech, Merck KGaA, Aapptec , Bachem Holdings , Anaspec, Biotage , CEM Corporation , Gyros Protein Technologies, Advanced Chemtech, NEP (New England Peptide)などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

グローバルペプチド合成サービス産業市場の地域概要

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

北米は、主要な市場プレーヤーの存在感、利用可能なペプチド合成技術に関する認識の高まり、および商業規模でのペプチド薬の移動への注目の高まりに起因して、世界市場への最大の貢献を示しました。

一方、アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速い成長を示すと予想されます。市場の成長を促進する主な要因には、地域の市場プレーヤーによる投資の増加、新規ペプチド治療に関する意識の高まり、政府および患者による医療費の増加、多国籍企業が地元のプレーヤーと流通のために行うコラボレーション、および低・中所得国における慢性疾患の発生率の上昇が含まれます。

グローバルペプチド合成サービス産業市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151870

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. グローバルペプチド合成サービス産業市場調査-2022-2030年の予測期間中に12%のCAGRで拡大すると予測