京極夏彦〈百鬼夜行シリーズ最新作〉文庫版『今昔百鬼拾遺 ー 月』が、講談社文庫から本日発売!! 『鬼』『河童』『天狗』3作品が一冊に!

昭和二十九年、連続する怪事件の残酷な真相。

「世の中は必ず変わります。変えなきゃ駄目でしょう。性別だとか国籍だとか人種だとかで人を選り分けるような世の中はいつか滅びます」 “ 稀譚月報” 記者・中禅寺敦子、女学生・呉美由紀と事件に挑む。

 

昭和二十九年三月に起きた連続通り魔「昭和の辻斬り事件」。

「稀譚月報」記者の中禅寺敦子は、事件を通じて女学生・呉美由紀と知り合い、
その年、続々発生する怪事件に関わることになる。
「鬼の因縁で斬り殺される」「河童の仕業で連続水死」「高尾山中で天狗攫いが」。
怪奇が残酷な真相に反転する稀譚小説。
解説:綿矢りさ
 

妖怪製作:荒井 良妖怪製作:荒井 良

 

〈書誌情報〉
書名:文庫版 今昔百鬼拾遺 ― 月
発売日:2020年09月15日 電子版も配信中
定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN:978-4-06-519026-5
ページ数:1104ページ
シリーズ:講談社文庫
 

〈著者紹介〉

京極夏彦(きょうごく・なつひこ)
1963年北海道生まれ。
’94年『姑獲鳥の夏』でデビュー。
’96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞受賞。
この二作を含む「百鬼夜行シリーズ」で人気を博す。
’97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、
2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、
’04年『後巷説百物語』で直木賞、’11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。
’16年遠野文化賞受賞など。
 
著者公式サイト「大極宮」
http://www.osawa-office.co.jp/

講談社文庫「百鬼夜行」シリーズ
文庫版『姑獲鳥の夏』/文庫版『魍魎の匣』/文庫版『狂骨の夢』
文庫版『鉄鼠の檻』/文庫版『絡新婦の理』/文庫版『塗仏の宴 宴の支度』
文庫版『塗仏の宴 宴の始末』/文庫版『陰摩羅鬼の瑕』/文庫版『邪魅の雫』
文庫版『鵼の碑』(近日刊行予定)


〈講談社文庫公式〉
HP http://kodanshabunko.com/
Twitter   https://twitter.com/kodanshabunko
Facebook https://facebook.com/kodanshabunko
Instagram https://instagram.com/kodanshabunko

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 京極夏彦〈百鬼夜行シリーズ最新作〉文庫版『今昔百鬼拾遺 ー 月』が、講談社文庫から本日発売!! 『鬼』『河童』『天狗』3作品が一冊に!