多発性硬化症の薬と治療市場-薬別(インターフェロン、免疫調節剤、免疫抑制剤);投与経路別(経口および注射);流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)–グローバル需要分析および機会の見通し2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「多発性硬化症の薬と治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2022年01月 17日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。
調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場の最近の傾向と発展

2019年3月、米国食品医薬品局(FDA)は、経口錠剤の形をしたクラドリビン薬であるMavencladを承認しました。これは主に、再発寛解型多発性硬化症の成人および活動性二次性進行型多発性硬化症の成人を対象としています。しかし、安全性の問題から、多発性硬化症の第一選択治療とは見なされていません。

多発性硬化症薬と治療市場の概要

多発性硬化症は、脳や脊髄を含む人の中枢神経系(CNS)に影響を与える慢性障害です。これは、体の免疫系が神経組織を覆っている保護ミエリン鞘を攻撃し始める自己免疫疾患です。予防措置が適時に行われない場合、これは最終的に神経を永久に損傷し、脳と他の体の部分、目の視神経との間のコミュニケーションの混乱をもたらします。

Lancet Neurologyが発行したジャーナルによると、2016年には世界中で2,221,188件の多発性硬化症が蔓延していました。この障害の年齢標準化された有病率は、北米の10万人あたり120例を超えていました。一方、ヨーロッパの一部の国では中程度であり、人口10万人あたり60〜120例でした。北アフリカ、中東、ラテンアメリカで最も低く、すべての地域で10万人あたり60例未満でした。

多発性硬化症の薬と治療の市場は、2019-2027年の予測期間中に約6%のCAGRを記録すると予想されます。

市場の成長を促進するための新しい治療薬の開発

ヘルスケア業界での支出の増加により、多発性硬化症の治療のために世界中で実施されている研究開発活動の数が増加しています。多発性硬化症に対する意識の高まりにより、この障害に利用できる治療薬や治療法の改善に対する需要が高まることが予想されます。これは、予測期間中に市場の成長を推進すると推定される主要な要因の1つです。

多発性硬化症の薬と治療市場は、薬別(インターフェロン、免疫調節剤、免疫抑制剤);投与経路別(経口および注射);流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

多発性硬化症の薬と治療市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
 


【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/multiple-sclerosis-drugs-and-treatment-market/1986

北米の市場は、この地域での多発性硬化症の有病率が高いため、市場で最大のシェアを保持すると予想されます。この地域での研究開発活動の増加の結果として成長している医療技術の革新は、市場の成長にさらに起因する可能性があります。

多発性硬化症の薬と治療市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  •  北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「多発性硬化症の薬と治療市場」というタイトルのレポートは、多発性硬化症の薬と治療市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

多発性硬化症の薬と治療市場におけるキープレイヤー

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の多発性硬化症の薬と治療市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。多発性硬化症の薬と治療市場における業界のリーダーはBayer AG、Novartis AG、Biogen、Genzyme Corporation、F. Hoffmann-La Roche、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Pfizer Inc.、Merck KGaA、AbbVie Inc.、Opexa Therapeutics, Inc.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-1986

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について

https://www.researchnester.com/reports/multiple-sclerosis-drugs-and-treatment-market/1986
電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
  Eメール  : info@researchnester.com


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 多発性硬化症の薬と治療市場-薬別(インターフェロン、免疫調節剤、免疫抑制剤);投与経路別(経口および注射);流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)–グローバル需要分析および機会の見通し2027年