外科用ドレーン市場は2020年に~2043百万ドル、2027年までにCAGR 3.8%で成長の見込み

2021年9月15日にREPORT OCEANが紹介した新レポートによると外科用ドレーンの世界市場は、2020年には~2043百万ドルとなりました。外科用ドレーンの世界市場は、2021年~2027年の予測期間中、CAGR 3.8%で成長すると予測されています。
外科用ドレーンは、体内の傷口や空洞から液体や気体を除去することを可能にします。術後ドレーンは、麻酔をかけられた手術患者の液体、膿、血液を除去するために使用されます。ドレーンによって、これらの物質が体外に排出され、集まるのを防ぐことができます。ドレーンは、局所的な感染症の後の治癒過程を早めるのに役立ったり、嚢胞や漿液腫に挿入してそこに集まった組織や液体を除去したりする。ドレーンに加えて、閉塞した臓器内に液体が溜まった場合にもドレナージが必要となる。ドレーンは、ラテックスやプラスチックなどの素材でできており、乳房手術(血液やリンパ液の貯留を減らすため)、整形外科手術(出血量が多い)、胸部手術(タンポナーデとそれに伴うリスクを防ぐため)など、さまざまな種類の手術に使用されます。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC336

外科用ドレーンの世界市場に影響を与える要因


外科用ドレーン市場の成長は、慢性疾患や手術の増加にも牽引されています。また、これらのデバイスは様々な用途で使用されており、これが市場の成長に寄与しています。
高齢者人口の増加、外科用ドレーンの技術的進歩、メーカーが先進的で革新的なものを導入することに注力していることが、外科用ドレーン市場の成長を促進する要因となっています。
低侵襲医療処置の普及、その使用に伴う合併症、感染症のリスク上昇が、予測期間中の市場成長の妨げとなる可能性があります。

外科用ドレーンの世界市場におけるCovid-19の影響

2020年に発生したCovid-19は、市場に大きな影響を与えました。
その理由は、複数の選択的な外科手術に見られる遅延です。Covid-19の感染拡大のハイリスクエリアは、これらの外科的処置が行われる医療現場にあります。

このパンデミックの時期には、手術室の清掃が繰り返し問題となっています。予定していた手術に合併症が発生すると、患者が外科医の指導を受けるまでの時間が長引き、また、再入院率が高まるため、患者の自己負担額の圧迫につながる可能性があります。

また、手術環境は、外科医が感染症にかかるリスクを高めるため、成長の妨げになると予想されます。
予測期間中は、各専門分野に合わせたガイドラインにより、安全で効果的な外科治療を提供することで、パンデミックの影響を最小限に抑えることが期待されます。

外科用ドレーン世界市場の地域分析

2020年には、北米が外科用ドレーン市場を独占しましたが、これは主に医療インフラが確立されていることと、市場を牽引する政府の規制によるものです。アジア太平洋地域では、多くのヘルスケア企業が多額の投資を行っているため、同地域は最も高いCAGRを記録すると予想されています。

外科用ドレーン市場における主要な競合企業

外科用ドレーンの世界市場には、以下のような有力企業が存在します。
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(Ethicon Inc.
  • カーディナルヘルス社
  • Medtronic Plc
  • コンバテックグループPlc
  • ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー(C.R.BARD,INC.
  • メドライン・インダストリーズ・インク
  • B Braun Melensung AG 
  • レダックスS.P.A
  • Stryker Corporation, Inc.
  • その他の企業

詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。


レポートの狙い 外科用ドレーンの世界市場について

外科用ドレーンの世界市場は、エンドユーザー、製品、タイプ、条件、地域別に分類されています。

エンドユーザーに基づくセグメンテーション
  • 病院(ホスピタル
  • 外来外科医院・センター

製品別セグメント
  • 開放型外科用ドレナージシステム
  • 閉鎖型外科用ドレナージシステム

タイプ別に見ると
  • アクティブドレーン
  • パッシブドレーン

状態に基づく区分
  • 一般外科
  • 心臓・胸部外科
  • 整形外科領域
  • 産科・婦人科手術
  • その他の手術 

地域別の内訳
  • 北アメリカ
  • 米国
  • カナダ
  • メキシコ
  • 欧州
  • 西ヨーロッパ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • その他の西欧諸国
  • 東欧
  • ポーランド
  • ロシア
  • その他の東欧諸国
  • アジア太平洋
  • 中国
  • インド
  • 日本
  • オーストラリア・ニュージーランド
  • ASEAN
  • その他のアジア太平洋地域
  • 中東・アフリカ(MEA)
  • アラブ首長国連邦
  • サウジアラビア
  • 南アフリカ共和国
  • MEAのその他の地域
  • 南米
  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • 南米のその他の地域

主なトピックを紹介します。

第1章. 研究の枠組み
1.1. 研究の目的
1.2. 製品概要
1.3. 調査方法

第2章. エグゼクティブサマリー:外科用ドレーンの世界市場

第3章. 外科用ドレーンの世界市場の概要
3.1. 業界のバリューチェーン分析
3.2. 業界の展望
3.3. PESTLE分析
3.4. ポーターズ・ファイブフォース分析
3.5. 市場力学とトレンド
3.6. 市場の成長と展望
3.7. 市場の成長トレンドに対するCovid-19の影響評価
3.8. 規制の状況

第4章 競合ダッシュボード
4.1. 市場集中度
4.2. 企業の市場シェア分析(金額%)、2020年
4.3. 競合他社のマッピング

第5章. 外科用ドレーンの市場分析、エンドユーザー別

第6章. 外科用ドレーンの市場分析、製品別

第7章. 外科用ドレーンの市場分析、タイプ別
第8章. 外科用ドレーンの市場分析、条件別

第9章. 外科用ドレーンの市場分析、地域/国別

第10章. 北米の外科用ドレーン市場分析

第11章. ヨーロッパの手術用ドレーン市場分析

第12章. アジア太平洋地域の手術用ドレーン市場分析

第13章. MEA・アフリカの外科用ドレーン市場分析

第14章. 南米の外科用ドレーン市場分析
第15章. 会社概要(会社概要、財務マトリックス、主要製品のランドスケープ、主要人物、主要競争相手、連絡先住所、事業戦略の展望)。

*国別レベルの分析はご要望に応じて提供します


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC336

私たちについて:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. 外科用ドレーン市場は2020年に~2043百万ドル、2027年までにCAGR 3.8%で成長の見込み