コレラワクチン市場ータイプ別(キルド、全細胞経口コレラワクチン、その他の経口コレラワクチン);製品別(Dukoral、Shanchol、Vaxchoraなど)-世界の需要分析と機会の見通し2030年

Kenneth Researchは調査レポート「コレラワクチン市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2022年01月 17日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10352037
コレラワクチン市場は、2022年に約72百万米ドルの市場価値から2030年末までに約115百万米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に7%のCAGRで拡大すると予測されます。


[Cholera Vaccine Market Analysis]

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-cholera-vaccine-market/10352037

コレラは急性下痢性疾患であり、急性発症の水様性下痢を特徴とします。これは主に、不十分な水と衛生インフラによって引き起こされる水と食品の汚染で発生します。コレラ菌O1およびO139の毒素産生菌が含まれており、糞口経路を介して感染します。WHOによると、毎年推定130万から400万のコレラの症例が世界中で目撃されており、21,000から143,00人が死亡しています。

市場の成長は、適切な衛生状態の欠如と汚染された食品の消費によるコレラの発生率の増加によるコレラワクチンの需要に起因する可能性があります。さらに、コレラと予防医療および免疫化プログラムに向けた公的および民間の医療機関によるイニシアチブに関する意識の高まりは、市場の成長をさらに推進することが予測されています。世界保健機関(WHO)による「EndingCholera-2030へのグローバルロードマップ」は、コレラを制御するためのグローバル戦略であり、2030年までにコレラの感染をなくし、コレラによる死亡を90%削減するための支援国に焦点を当てています。

中東およびアフリカ地域は、コレラの有病率が高いため、コレラワクチンの需要と展開(特にコンゴ民主共和国、ナイジェリア、ジンバブエなどの国)により、予測期間中に市場の最大のシェアを保持すると予想されます。世界保健機関に報告されたアフリカのコレラ症例数(死亡を含む)は2018年に120,652でしたが、同じ年にアフリカの9つのホットスポット国で1200万回の投与が使用されました。

アジア太平洋地域は、コレラの症例数の増加に伴うワクチンの需要の増加により、予測期間中に最も高い成長を遂げると予測されています。WHOによると、イエメンは2018年に1つの国で最も多くのコレラ症例を記録し、371,326例であり、66万回以上のOCVが国内で配布されました。

 

 
  • コレラワクチン市場は、タイプ別(キルド、全細胞経口コレラワクチン、その他の経口コレラワクチン);製品別(Dukoral、Shanchol、Vaxchora、Euvichol、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • コレラワクチン市場における業界のリーダーはSBL Vaccines, Shantha Biotechnics, EuBiologics Co., Ltd, Emergent BioSolutions Inc., Hilleman Laboratories, Instituto Finlay de Vacunas (IFV), Sanofiなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • コレラワクチン市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
コレラワクチン市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  1.  北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  2. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  3.  アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  4. 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10352037

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. コレラワクチン市場ータイプ別(キルド、全細胞経口コレラワクチン、その他の経口コレラワクチン);製品別(Dukoral、Shanchol、Vaxchoraなど)-世界の需要分析と機会の見通し2030年