「UFC JAPAN 2015」開催直前!メディアデーでジョシュ・バーネット、堀口恭司ら出場選手が試合前の心境明かす!9/27(日)午前8:30~WOWOWにて全試合生中継!

 

世界最高峰の戦いが繰り広げられる総合格闘技「UFC」。今回、UFC日本大会「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015」の開催が2日後に迫る25日、六本木で「UFC Fight Night アルティメイト・メディアデー」が開催された。会場には、堀口恭司やジョシュ・バーネットら本大会の出場選手が報道陣の前に登場。試合にかける意気込みや日本滞在の感想を語った。またゲストファイターとしてUFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンらが会場に姿を現し、ファンと交流を楽しんだ。

以下、主な出場選手のコメント。

■ジョシュ・バーネット選手コメント:
Q. コンディションはいかがですか?
A. この試合に向けてしっかりトレーニングを積んできました。準備万端です。

Q. 今回は、ホテル以外にどこか行きましたか?
A. もちろん。中野ブロードウェイに行って漫画を購入したりしました。行き交う人が私に気づいて「あ、ジョシュだ」と反応してくれたのが面白かったです。

Q. テレビ番組「ROAD TO UFC JAPAN」でサポートした石原夜叉坊選手にはどんな試合を期待していますか?
A. キレのあるスピード、フットワークを活かした試合を見せてほしいです。

Q. 夜叉坊選手へ特別に指導したことは?
A. もちろん、ずっとコンタクトは取り合ってきました。試合の前日には、二人で話ができればいいなと思っています。

Q. ご自身のメインイベントではどんな試合を目指していますか?
A. 皆さんを感動させられるような、そして楽しませられる試合展開をお見せしたいです。

■ロイ・ネルソン選手コメント: 
Q. 1年ぶりの日本はいかがですか?
A. 1年前は初来日で、どこに行けばいいのか、何を食べればいいのか慣れない点もありました。今回は来日2回目ということでリラックスしています。もう第2のホームですね。

Q. コンディションはいかがですか?
A. バッチリです。試合に向けてずっとトレーニングしてきたので、体は仕上がっています。

Q. ジョシュ・バーネット選手について印象は?
A. すごく尊敬しているファイターの一人です。総合格闘技というスポーツに貢献している選手です。そういうリスペクトもありつつ、彼はKOを狙ってくるファイターなので、それに対抗していい試合を見せたいと思います。実はこの試合は、ジョシュ選手からのオファーがあって実現した試合です。それを後悔させない戦いを見せたいです。

Q. テレビ番組「ROAD TO UFC JAPAN」の企画の一貫で、弟子となった廣田瑞人選手も出場しますが、彼にどんなことを期待していますか?
A. 廣田選手の試合はすごく楽しみです。彼は強い選手なので、試合で勝利をおさめ、UFC2度目のキャリアをスタートできることを願っています。

■ゲガール・ムサシ選手
Q. 日本の印象はいかがですか?
A. 最高です。

Q. 時差などは大丈夫ですか?
A. 大丈夫です。体重も万全ですし、睡眠もしっかり取れていて問題ありません。

Q. 対戦相手が変更になりましたが、戸惑いましたか?
A. いいえ、ありません。

Q. ユライア・ホールに対して特別な対策は?
A. 彼はすごくスピードのある選手です。ハイペースで前に来るタイプなので、そこは警戒しています。

Q. どんな試合になると思いますか?
A. 1ラウンドか2ラウンドでフィニッシュできれば、と考えています。

■ユライア・ホール選手コメント:
Q. 日本は初めてですか?
A. 初めてです。文化的に分からないことがまだたくさんありますが、すごく良い国だと思っています。色んな物事に対して感謝する精神が、アメリカにはない考え方なので新鮮です。

Q. 観光などは?
A. まだです。朝のランニングで、ホテルのまわりは少し見ました。試合が終わってから相撲を見に行ったりしたいです。

Q. ホアン・カルネイロの欠場による急な出場となりました。オファーを受けたときの心境をお聞かせください。
A. (正直に言うと「何言ってるんだコノヤロー」と思ったけど、)こんなチャンスはないと考え、ランキング6位の強い選手を相手に、良い経験になると思って受けました。

Q. 今回はどんな試合展開になると思いますか?
A. スピニングバードキック(※格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズの女性キャラクター「春麗(チュンリー)」の必殺技)を見せられたら見せたいです(笑)。いや、冗談です、ごめんなさい。

Q. 試合に向けて体調は万全ですか?
A. コンディションは最高です。体重が増えると自分の持ち味であるスピードに影響するので、トレーニング中も試合と同じスピードでトレーニングできるように、普段から階級の指定体重をキープしています。

■堀口恭司選手
Q. 今回、KID選手が欠場になって、日本人選手のなかで一番期待されていると思いますが、プレッシャーは?
A. プレッシャーはないです。

Q. 日本での試合はやりやすいですか?
A. やはりコンディションは整えやすいですね。

Q. 今回は何ラウンド勝負になると思いますか?
A. 最初は様子見ですが、 行けると思ったらどんどん攻めていきたいです。皆さんにKOで勝つところを見せたいですね。

Q. 前回のタイトルマッチを終えて、重点的に変えた点は?
A. 入念に相手の対策を立てている点です。今までは対戦相手の映像を2回くらいしかチェックしていませんでしたが、今回は10回以上チェックして研究しました。

Q. 前回の試合後、寝技を強化したいという話でしたが、今回は寝技を披露したいという気持ちはありますか?
A. そうですね。行ける場面があれば、寝技で攻めることも狙っていきたいです。

Q. この試合と前回のタイトルマッチで、気持ちに違いは?
A.  同じです。

Q. 前回タイトルマッチでしたが、試合後、知名度があがったと感じますか? 
A. それは、分からないです。今のところ、実感はあまりありません。

Q. またタイトルマッチを行うとしたら、デメトリアス・ジョンソンと再戦したいですか?
A. そうですね。勝ち続ければ、またタイトルマッチが実現するはずです。その相手は、きっとジョンソン選手になると思います。

■チコ・ケイミュス選手コメント:
Q. 日本滞在はいかがですか?
A. すごく綺麗な国で楽しいです。日本の皆さんの前で試合ができるのも楽しみです。

Q. 試合2日前ですが、コンディションはいかがですか?
A.今はもう数キロ減量が必要なので、それに集中しています。体重が落ちたところで堀口選手のことについて色々考えたいと思っています。

Q. 堀口選手にはどのような印象を?
A. 堀口選手はタイトルマッチにも挑戦したトップレベルの選手。彼の母国で試合をできるのは非常に光栄です。

Q. 堀口選手に関する対策は?
A. とくに堀口選手のためだけに対策を練ったということはありません。自分のファイトスタイルはいつも変えずにやっています。

Q. 時差やアウェイの地での戦いについてはどのように感じていますか?
A. 早朝に試合をしないといけないのがいつもと異なり、風変わりですが、ただ普段練習する時間と同じだと考えれば問題ありません。時差ボケもありませんし、コンディションも大丈夫です。


27日開催の「UFC JAPAN 2015」は、WOWOWライブで当日午前8時30分より、さいたまスーパーアリーナから全試合生中継! 

<対戦カード>
ヘビー級:ジョシュ・バーネット × ロイ・ネルソン
ミドル級:ゲガール・ムサシ × ユライア・ホール
フライ級:堀口恭司 × チコ・ケイミュス
バンタム級:水垣偉弥 × ジョージ・ループ
フェザー級:菊野克紀 × ディエゴ・ブランダオン
フェザー級 Road to UFC:JAPAN 決勝戦:廣田瑞人 × 石原夜叉坊
ウェルター級:中村K太郎 × リー・ジンリャン
ライト級:ニック・ハイン × 粕谷優介
ライト級:小谷直之 × ケイジャン・ジョンソン
ウェルター級:安西信昌 × ロジャー・ザパタ


■詳しくはUFC 番組オフィシャルサイト(wowow.co.jp/ufc)へアクセス!
http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★『生中継!UFC JAPAN 2015』
4年連続、世界最高峰の総合格闘技が日本上陸!ジョシュ×ネルソンの豪華メインイベントに加え、堀口など日本人ファイターの参戦も決定!今年は全試合生中継!

【放送日】9月27日(日)午前8:30~[WOWOWライブ]※生中継
ゲスト:福山雅治、玉袋筋太郎(浅草キッド)
解説:宇野薫、高阪剛、川尻達也、稲垣收、堀江ガンツ
実況:高柳謙一、西達彦
進行:石垣佑磨、荻野仁美

<関連番組>
★「このあと生中継!UFC JAPAN 2015 直前SP」
UFC JAPAN 2015の生中継の直前に、さいたまスーパーアリーナから最新情報と現地の熱狂ぶりを生放送でお届け!
【放送日】9月27日(日)午前8:00~[WOWOWプライム]※無料放送
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. 「UFC JAPAN 2015」開催直前!メディアデーでジョシュ・バーネット、堀口恭司ら出場選手が試合前の心境明かす!9/27(日)午前8:30~WOWOWにて全試合生中継!