11月3日は「漫画の日」! 講談社が“大切な人に漫画を贈る”という新たな新習慣を提案


株式会社講談社は、「大切な人にコミックをギフトする」というコンセプトのもと、11月3日(火)より「ギフコキャンペーン」をスタートさせる。

このキャンペーンは、お客様が購入したコミックに自由にメッセージを書いて大切な人に贈ることで、作品と読者をつなげる新たな試みだ。対象商品となるのは、『五等分の花嫁』(春場ねぎ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)など、話題作からレジェンドタイトルまで幅広い。

また「アツさを贈ろう」「トキメキを贈ろう」など、読者の感情を起点とした選書がされており、贈る人にとっては、コミックを選ぶこと自体も楽しめるだろう。 

【参加書店】
未来屋書店、紀伊國屋書店、丸善ジュンク堂書店、リブロプラス、有隣堂、ブックファースト など

【公式サイトはこちら】
http://news.kodansha.co.jp/8496
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 11月3日は「漫画の日」! 講談社が“大切な人に漫画を贈る”という新たな新習慣を提案