LINEギフト、コロナ禍の「会えないバレンタイン」は過去最多*の利用者数

バレンタインデー当日は昨年比約2.6倍の利用!

LINE株式会社が提供する、「LINE」を通じて友だちに様々なプレゼントを贈ることができるサービス「LINEギフト http://gift-blog.line.me/ja/」において、コロナ禍の「会えないバレンタイン」は利用者数・利用件数共に、過去最多*となりましたので、お知らせいたします。*昨年以前の2月14日当日との比較


「LINEギフト」は、「LINE」のトークを通じて友だちとギフトを贈り合うことができるコミュニケーションサービスで、住所を知らなくても直接会えなくても、LINE上で簡単にギフトを贈ることができるため、ちょっとしたお礼を言いたい時や季節イベント、大切なライフイベントなど様々なシーンでご利用いただいています。

バレンタインデー当日の2月14日(日)は、昨年比較で約2.6倍の利用件数となり、バレンタインデー当日としては、利用者数・利用件数共に、サービス開始以来過去最多の利用数となりました。今年ならではの傾向としては下記のような特徴が見られました。

■新規利用者の増加
バレンタインデー当日に、LINEギフトで初めてギフトを購入したユーザーは、昨年同日比で約2.4倍に増加しました。コロナ禍による外出自粛等の影響で、バレンタインに初めてソーシャルギフトを利用したユーザーが増えたと推察されます。

■久しぶりに友だちにLINEをするきっかけに
LINEギフトでは、バレンタインに「感謝の気持ちを伝える」ことを提案しており、SNSでも「LINEギフトをきっかけに、久しぶりに友だちにLINEをして会話が弾んだ」という投稿が多く見られました。また、バレンタインキャンペーンを開催していた、2月3日(水)〜2月14日(日)の期間中に、500人を超える友だちにギフトを送るユーザーも現れました!

■最も多く贈られたギフトはスターバックスのドリンクチケット!配送ギフトも昨年の約4.7倍の利用件数に!
2月1日(月)〜2月14日(日)の期間中に、最も多く贈られたギフトはスターバックスのドリンクチケットでした。このギフトは、受け取った相手が店舗にてスマートフォンを提示するだけで使用することが可能な、「eギフト」と呼ばれるデジタルギフト券で、スターバックス以外にも、コンビニで利用出来るeギフトなどが多くのユーザーに利用されました。また、受け取る相手が住所を入力することで、自宅にギフトが届く「配送型ギフト」においても、2月1日(月)〜2月14日(日)の期間の昨年比較で、約4.7倍の利用件数になりました。今年のバレンタインは、21世紀のパティスリー界を先導する「ピエール・エルメ」や、チョコレートの新しい楽しみ方を提案する日本発のブランド「Minimal」が初出店するなど、配送ギフトの充実が利用の後押しとなりました。

LINEでは、今後も様々なサービスを通じて、企業・ユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINEギフト、コロナ禍の「会えないバレンタイン」は過去最多*の利用者数