DMM GAMESがサービスを展開しているPC/PS4&PS5マルチコンバットオンラインゲーム『War Thunder』の航空自衛隊取材メイキング公開!F-4EJ(改)実装記念に豪華賞品もプレゼント!

合同会社EXNOA(本社:東京都港区、CEO:村中 悠介、URL:https://games.dmm.com/)が運営するDMM GAMESにおいて、ガイジン・エンターテインメントと協業している『War Thunder』は、2021年9月30日(木)に岐阜県岐阜基地(旧:各務原飛行場)に所在する航空自衛隊航空開発実験集団隷下の飛行開発実験団(Air Development & Test Wing: ADTW)の協力によりラストフライト直前のF-4EJ/EJ(改)戦闘機の調査及びサウンド収録に関する取材内容をまとめたメイキング動画を公開いたしました。F-4EJ/EJ(改)ヘの取材は2020年1月1日(水)に発表いたしました次期主力戦闘機導入計画(F-X)として、ゲーム内へ退役するF-4EJ/EJ(改)戦闘機の雄姿を後世へと残し続けるべく、ゲーム内への実装に向けたDMM GAMES独自プロジェクトの一環によるものです。
2021年9月7日(火)の大型アップデート「ダイレクトヒット(Direct Hit)」によって、ゲーム内へ実際の機体から収録したエンジン音と共に航空自衛隊F-4EJ(改)戦闘機の実装を果たし、今回取材の様子を写したメイキング動画の公開に合わせ、実装記念のキャンペーンも開催いたします。取材先部隊のデカールや関連グッズなど豪華賞品をプレゼントいたしますので、ぜひご覧の上、キャンペーンにご参加ください。

▼DMM GAMESプロジェクト「次期主力戦闘機導入計画(F-X)」
https://warthunder.dmm.com/jasdf_f-4ej_kai_project


陸上自衛隊90式・74式戦車の陸に続いて空!退役する航空自衛隊F-4EJ/EJ(改)戦闘機の姿をリアルに残すべくDMM GAMESが動いた独自プロジェクトの様子が明らかに!

 

▼『War Thunder』プロモーション動画:リアルサウンド収録-航空自衛隊F-4 ファントムII戦闘機編-

 

この度2020年1月1日(水)にDMM GAMES『War Thunder』日本運営チームは、退役するF-4EJ(改)の雄姿を後世に残すべく、独自プロジェクト「次期主力戦闘機導入計画(F-X)」を発表しました。世界的な未曾有の事態にも見舞われ、航空自衛隊も対応の困難な状況が続いておりましたが、退役前に無事取材を完了できましたことを航空自衛隊の関係者の皆さまに感謝申し上げます。岐阜県岐阜基地(旧:各務原飛行場)に所在する航空自衛隊航空開発実験集団隷下の飛行開発実験団(Air Development & Test Wing: ADTW)の協力によりラストフライト直前のF-4EJ/EJ(改)戦闘機の取材が実現しました。

F-4EJ(改)とは・・・アメリカ空軍のマクドネル・ダグラス社製F-4E ファントム IIを日本向けに改造した戦闘機F-4EJの近代化改修型で、レーダーやFCS(火器管制)システムなど電子機器(アビオニクス)が強化され、搭載ミサイルの追加や爆撃能力が向上しています。

飛行開発実験団所属F-4EJ(改)試作初号機(431号機)

飛行開発実験団は、航空機またはミサイル等の航空装備品に対する試験等を実施し、2021年時点における航空自衛隊でF-4EJ/EJ(改)戦闘機を唯一運用する最後の部隊で、日本が最初にF-4EJ戦闘機を導入した当時の状態のF-4EJ初号機(301号機)と能力向上改修型のF-4EJ(改)試作初号機(431号機)を保有していました。

サウンド収録風景

 取材では、F-4EJ/EJ(改)の地上走行や飛行など様々なシチュエーションを複数の角度からカメラ撮影し、ご厚意でコックピット内にも搭乗させていただき、計器盤に関する貴重な調査資料を入手することが出来ました。また、F-4EJ/EJ(改)の残りわずかな飛行訓練の機会を活用し、自衛隊関連の収録経験が豊富なサウンドデザイナー桐山裕行氏にも再び参加していただき、操縦士にマイクを装着することで機内と機外の両面から録音し、実際のF-4EJ/EJ(改)戦闘機でのサウンド収録を実施いたしました。
2021年9月7日(火)の大型アップデート「ダイレクトヒット(Direct Hit)」によって、ゲーム内には実機から収録したエンジン点火から機内の反響音にアフターバーナーまでのサウンドを適用すると共に日本ツリーに操縦可能な航空自衛隊F-4EJ(改)戦闘機を実装しています。ぜひ『War Thunder』ゲーム内で本物のエンジン音を聴きながら航空自衛隊F-4EJ(改)の操縦体験をご堪能ください。

F-4EJ(改)コックピット内部

今後機内から撮影した360°カメラによる映像や最後の航空自衛隊F-4EJ/EJ(改)戦闘機へ搭乗していた飛行開発実験団の試験飛行操縦士たちによる『War Thunder』ゲーム内の航空自衛隊F-4EJ戦闘機を操縦していただいてみた試遊体験のプレイ動画を別途公開する予定です。
 DMM GAMESプロジェクト「次期主力戦闘機導入計画(F-X)」の特設サイトでお知らせいたしますので、引き続きご注目ください。

▼DMM GAMESプロジェクト「次期主力戦闘機導入計画(F-X)」
https://warthunder.dmm.com/jasdf_f-4ej_kai_project

取材協力いただいた飛行開発実験団に感謝!航空自衛隊F-4EJ(改)ゲーム内実装記念に飛行開発実験団や各務原飛行場に関連する豪華賞品のプレゼントキャンペーンも開催!

2021年9月30日(木)17:00から2021年12月31日(金)23:59までの間、ゲーム内条件を達成すると飛行開発実験団マークやラストフライトに向けて機体側面に描かれた「To The Next Era」と「Phantom Forever」のスペシャルマークのデカールと称号を配布いたします。また、運営チームが取材で訪れた岐阜基地内の売店等で購入したリアルグッズもSNS等の条件を達成すると抽選プレゼントいたしますので、ぜひご参加ください。

1ログインでもれなく飛行開発実験団デカール配布
オンラインゲーム『War Thunder』へログインし、ゲーム内の格納庫に降り立ったプレイヤーへもれなく、飛行開発実験団のマークが描かれたデカールを配布します。

飛行開発実験団

2ゲーム内条件達成でスペシャルマーク獲得
バトルで敵航空機4機をミサイルで撃墜するとラストフライト前の飛行開発実験団所属F-4EJ/F-4EJ(改)戦闘機に描かれたスペシャルマークを獲得できます。

(左)F-4EJ 301号機仕様「TO THE NEXT ERA」
(右)F-4EJ(改) 431号機仕様「TO THE NEXT ERA」

3 全てのデカールを集めると記念マークと称号
 ログインでもらえるデカールとゲーム内で獲得できるデカールの3種類を揃えると追加で、飛行開発実験団所属F-4EJ 301号機に描かれた「Phantom Forever」のデカールと称号を付与いたします。

4リツイート&いいねで抽選プレゼント
『War Thunder』日本公式Twitterアカウント(@WarThunderJP)をフォローの上、 対象ツイートをリツイート&いいねしていただいたアカウントの中から抽選で10様に自衛隊ができないことで、自衛隊を応援する『防衛ホーム新聞社』製の日本製・手作り「ファントムマスク」をプレゼントさせていただきます。

さらに、対象ツイートに感想などのコメントをすると抽選で5名様に株式会社ウイング刺繍様の日本で導入されたF-4ファントムの1号機(機体番号:17-8301)の尾翼をイメージした、ノーズワイヤー入り手作りドライマスクをプレゼントいたします。コメント付きの引用リツイートでダブルチャンスを狙うことが可能です。

(左)株式会社 防衛ホーム新聞社製ファントムマスク(右)株式会社ウイング刺繍製マスク

5岐阜基地(旧:各務原飛行場)スクリーンショットコンテスト
岐阜基地(旧:各務原飛行場)で試験飛行により誕生した各種ゲーム内航空機のスクリーンショットを専用ハッシュタグ"#WarThunder_GIFUAB"付きで、Twitterへ作品を投稿いただき、運営チームによる審査の結果、 受賞者には岐阜基地でしか手に入らない有限会社ツヤ製の限定グッズをお贈りします。

「GIFU AIR BASE」キャップ・マグカップ・Tシャツ

6航空自衛隊F-4EJ/EJ()戦闘機乗り最多撃墜王
『War Thunder』ゲーム内のF-4EJ/EJ(改)戦闘機を操縦し、1回のバトルにおける撃墜数が最も多いエース・パイロットを競い、栄えある上位者には飛行開発実験団公式Tシャツ「ADTW FLT TEST SQ」と岐阜基地でしか手に入らない有限会社ツヤ製の「ADTW X TEST PILOTS」ワッペンを授与いたします。

飛行開発実験団公式Tシャツ「ADTW FLT TEST SQ」
有限会社ツヤ製「ADTW X TEST PILOTS」ワッペン

キャンペーンの詳しい条件内容や注意事項につきましては、 公式サイトのお知らせを十分ご確認の上、 ご参加ください。

▼航空自衛隊F-4EJ(改)調査&サウンド収録!ゲーム内実装記念キャンペーン!
https://warthunder.dmm.com/news/detail/8612#campaign

DMM GAMES『War Thunder』日本運営チーム一同、これからも日本の皆さまにお楽しみいただけるプロジェクトを企画して参りますので、ご期待ください。今後とも『War Thunder』をよろしくお願いいたします。

▼公式サイト
http://warthunder.dmm.com/

▼公式ツイッター
https://twitter.com/WarThunderJP

▼公式フェイスブック
https://www.facebook.com/WarThunderJapan/

▼製品概要
タイトル:『War Thunder(ウォーサンダー)』
プラットフォーム:PC(DMM GAME PLAYER版)/ PlayStation®4& PlayStation®5
権利表記:Published by EXNOA LLC. © 2021 Gaijin Games Kft. All rights reserved.
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社EXNOA >
  3. DMM GAMESがサービスを展開しているPC/PS4&PS5マルチコンバットオンラインゲーム『War Thunder』の航空自衛隊取材メイキング公開!F-4EJ(改)実装記念に豪華賞品もプレゼント!