プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

阪神電気鉄道株式会社
会社概要

鉄道駅バリアフリー料金制度を活用することで神戸高速線各駅へのホームドア等の整備を推進します

阪神電気鉄道株式会社

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:久須勇介)、阪急電鉄株式会社(本社:大阪市北区、社長:嶋田泰夫)及び神戸電鉄株式会社(本社:神戸市兵庫区、社長:寺田信彦)は、3社が第二種鉄道事業(※)として運営する神戸高速線において、2025年1月(予定)から鉄道駅バリアフリー料金制度を活用することで、ホームドア等の安全設備の整備を推進してまいります。

神戸高速線各駅においては、すべてのお客様に安全・安心で快適なサービスを提供するため、各種バリアフリー設備を整備してまいりました。


今後、お客様のご負担も得てバリアフリー化を促進する制度である「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用することで、神戸高速線各駅においてホームドア等を整備し、より安全・安心にご利用いただける環境の実現に努めてまいります。


神戸高速線における鉄道駅バリアフリー料金の設定額(予定)は次のとおりです。


なお、料金設定日や整備計画の詳細については検討中ですので、詳細が決まり次第、同制度に基づき国土交通省近畿運輸局へ整備計画等を届出するとともに、改めてお知らせいたします。


(※)第二種鉄道事業

…鉄道事業法における分類で、自らが敷設する鉄道線路以外の鉄道線路を使用して鉄道による旅客又は貨物の運送を行う事業をいいます。


【料金設定額(大人)】

●小児については、鉄道駅バリアフリー料金設定後の大人旅客運賃の半額(10円未満の端数は切上げ)となります。

※料金設定額は、整備計画とあわせて後日近畿運輸局に届出予定の内容です。


【料金設定後の運賃(大人)】(単位:円)

【神戸高速線の主なバリアフリー設備の整備状況】



阪神電気鉄道株式会社 https://www.hanshin.co.jp/


リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/6042f731484dfe3f1f2b3941cafb55ad7f8bb454.pdf


発行元:阪急阪神ホールディングス

    大阪市北区芝田1-16-1

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
交通・運送・引越し
関連リンク
https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/6042f731484dfe3f1f2b3941cafb55ad7f8bb454.pdf
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

阪神電気鉄道株式会社

119フォロワー

RSS
URL
https://www.hanshin.co.jp/
業種
倉庫・運輸関連業
本社所在地
大阪府大阪市福島区海老江1丁目1番24号
電話番号
-
代表者名
久須勇介
上場
未上場
資本金
293億8448万円
設立
1899年06月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード