【JAF佐賀】JAFブース出展、交通安全を呼びかけ

~吉野ヶ里歴史公園交通安全フェア2020~

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)佐賀支部(支部長 前田 博憲)は3月1日(日)、吉野ヶ里歴史公園(吉野ヶ里町)で開催される「吉野ヶ里歴史公園交通安全フェア2020」にJAFブースを出展し、交通安全を呼びかけます。
JAFブースでは、子どもを対象とした交通安全クイズに答えてもらえる「子ども安全免許証」の発行と、時速5kmで衝突した際の衝撃体験を通じてシートベルト着用の重要性が学べる「シートベルトコンビンサー」の乗車体験を行います。

JAF佐賀支部では、イベント出展により、子どもから大人まで幅広く交通安全を呼びかけてまいります。

********************************************
「吉野ヶ里歴史公園交通安全フェア2020」JAFブース出展概要
◇日時  2020年3月1日(日)8:00~11:30
◇会場  吉野ヶ里歴史公園 東口大型駐車場
◇主催  吉野ヶ里歴史公園マネジメント共同企業体
◇内容  子ども安全免許証の発行、シートベルトコンビンサーによる衝突体験
********************************************

シートベルトコンビンサーシートベルトコンビンサー

 

子ども安全免許証(イメージ)子ども安全免許証(イメージ)

 

JAF佐賀支部「横断歩道マナーアップ運動」促進中
JAFが2019年8月に実施した「信号機のない横断歩道における歩行者優先についての実態調査」では、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止した車は20.9%※という結果となりました。
 
このような現状を踏まえ、佐賀県内の企業や団体などへ、横断歩道マナーアップ宣言の募集と宣言証の発行、ステッカーの配布をおこない、ドライバーの意識向上を図るとともに、信号機のない横断歩道では歩行者が優先であることを周知する活動を促進しております。
(後援 佐賀県、佐賀県警察、一般財団法人佐賀県交通安全協会、佐賀県安全運転管理者協議会)

※JAFホームページ 信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査(2019年調査結果)https://jaf.or.jp/common/safety-drive/library/survey-report/2019-crosswalk

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF佐賀】JAFブース出展、交通安全を呼びかけ