小林まこと、画業43年目にして初のマンガ原作デビュー、さらには初のアシスタントデビュー!? 『JJM 女子柔道部物語』が予想を超えた”描き下ろし”で「モーニング」に出張掲載!

日本女子柔道界初の五輪金メダリスト・恵本裕子氏を原作にむかえ、小林まことが再び本格柔道マンガを描く!

「イブニング」にて大人気連載中の『JJM 女子柔道部物語』。コミックス1~9巻の累計100万部突破を記念して、12月10日(木)発売の「モーニング 2・3合併号」に出張掲載が決定!

 「モーニング」への新作での登場は実に31年ぶり。しかし、その”番外編”がフツーな”番外編”になるわけもなく…!

出来上がった原稿は、まさかの原作と作画が入れ替わるという、イタズラがすぎるカタチで「モーニング」に上陸! 小林まこと、まさかの画業43年目にして初のマンガ原作デビュー。恵本裕子氏も、まさかの初マンガ執筆。おまけに、小林まことは人生初のアシスタントにも挑戦。

思いがけない形で数々の「初の~」を冠した、プレミアだらけなこの企画。そう、よく考えたら、五輪金メダリストがマンガを描く、というすごい試みなのです。ちなみに恵本裕子氏は、執筆を終えて腰痛になったそう。

金メダリストが腰痛になりながら描きあげた力作マンガを、本日発売の「モーニング2・3合併号」でぜひ、お確かめください!

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 小林まこと、画業43年目にして初のマンガ原作デビュー、さらには初のアシスタントデビュー!? 『JJM 女子柔道部物語』が予想を超えた”描き下ろし”で「モーニング」に出張掲載!